IMG_0717.JPG
今まではNAGASAWA PenStyleの10本差しロールペンケースマッジョーレのやつ(6本用)とかフルハルターのQuartetとかに分散して引き出しに入れてたんだけど、最近万年筆を持ち歩くこともないし、ここらで綺麗に並べましょうかと富岡クラフトの15本用ペントレーを買いました。


 



サイズも測らず適当に買ったけど、机の引き出しに丁度フィットしていい感じ。綺麗にディスプレイするのにも憧れるけど、我が家には破壊神×4が常に降臨なすっているので出しっぱなしは超危険。なので別売りのガラス製の蓋は買わなかった。どうせ引き出しの中だから埃も積もらないだろうしね。でも並べてみたらスペースが足りなかったので急遽もう一個買い足した。これは割りと厚みもなく、シンプルな作りでかさばらないし、重ねてどんどん増やしていけるのでとても便利だと思う。いや万年筆を増やすという意味ではなく。今度増えるけど今年の購入枠はそれでお終いですしおすし。

しかし並べてみると、モンブラン大好きだな私。あと多分オレンジとか赤が好き。この写真撮った後、ほかのペンケースに入れてたドルチェビータのソワレとかソラリスとか146とか発見して、慌ててケースを買い足したわけでございます。あとちょっと余裕がないとペン同士がぶつかって(以下略

ちなみにこの他にも、ペンボックスに入れてしまってある万年筆が何本か。不思議なのは、ペリスケのMが何処を探しても見つからないこと。Fはちゃんとあるんだけどな。どっかの現場に忘れてきたのかなあ。それか引っ越しのどさくさで何処かに紛れたか……もう1年以上探してるけど見つからない。しょんぼり。

IMG_0718.JPG
他に、今インクを入れてる一軍は机の上に放置してるペンケースに入れている。つくしペンケースに似てるけれども違います。もともとプラスチックのツールボックスにごそっと突っ込んでたんだけど、シャルトルブルーとブルゴーニュ買ったら傷つけるのが嫌でなんかないかなと探してて、どうせならフラットに開くやつが使いやすいけどつくしペンケースどこでも売り切れだったんで似たのを探したらサンスターからムーミンのやつが出ててラッキー。モレスキンとwebnotebookとロイヒトトゥルムみたいだけど気にしないよ。猫毛がめっちゃつくけど。

LIHIT LABのブックタイプのペンケースも買ってみたんだけど、なんかナイロンのシャリシャリした手触りが好きじゃないので放置してる。なんとなくリネンのほうが万年筆に傷がつきにくそう。でも中身はたくさんはいるし、消しゴム入れるポケットとかたくさんついて機能的。
チャンスが有れば本家つくしペンケースも買ってみようと思ったほど、このそれこそモレスキンのごとく180度パタンと開くペンケースは使いやすい。じゃあロールペンケースでいいじゃん、って思ったんだけど、これ安かったんだよね……あっでもペントレー買ったからマッジョーレのロールペンケース空になったんだった! あれ、じゃあ万年筆はそっちに入れたらいいじゃん……あれ……?

(気を取り直して)左から、中屋万年筆(シガーロング黒溜)、#3776 シャルトルブルーブルゴーニュ、大橋堂(梨地)、大橋堂(緑)。蓋を閉める旅に「傷がつかないといいなあ」と思ってるので、そのうち間にハンケチーフでもはさもうかな。眼鏡拭きとか。実用品だしそんなに神経質になることもないと思うけど。

なんか最近、中屋万年筆のすべすべした感触が好きすぎる。昨日は書物の途中でシガーロングを握りしめたまま寝てた。キャップは閉めていたのが最後の理性か。大橋堂の漆もいいけど、シガーには凹凸がないし、クリップもないからシンプルでいいんだよねー……でもニブがミュージックだからそんなに出番が無いのが残念。いや太字からミュージックに変えてもらっといてなんだけど。字幅の好みって変わるから……



IMG_0707.JPG
先日、日本橋丸善に#3776ブルゴーニュを買いに行った時、ついでにドクターヤンセンの新しいインクを買っていたのだった。趣味の文具箱に載ってたのが気になっていて、現物の色見本を見たら綺麗だったのでとりあえずブラックグリーンを連れ帰ってしまった。なんとなく、モンブランのレーシンググリーンに似てるような気がしたのと、青系のインクは結構持ってたから(結構どころの騒ぎじゃない)

表記は、DE ATRAMENTIS BLACK EDITION ってあって、色名は多分 BLACK-GREEN。deepwater obsessionの文字が気になる所。

書いてみたら、やっぱりレーシンググリーンに似てる。けれども、レーシンググリーンよりは赤味が強いというか深緑。レーシンググリーンにはなんとなく黄色味があった気がするんだけれどもすでに記憶は定かじゃない。今は大橋堂の細字に入れてるんだけど、これ、今までレーシンググリーンを入れてたM800に入れたら美しいかもしれないぞ……フローもよろしくて、濃淡もきれいに出るから細字よりは中字くらいで書いたほうが気持ちよさそうな感じ。

レーシンググリーン、まだ3瓶くらい残ってるけど流石に消費期限過ぎてるよな……まあ特に気にせず使ってるけど、そのうちこっちに乗り換えよう。でもDr.ヤンセンだからね……安定供給されるとは限らないものね……!

@coacervate22が投稿した写真 -



ほぼ日に書いてみた。ぼやかしてるのはこのインクじゃないけれども。

マルチライナーとか丸ペンとか色々買ってみたけど、結局絵を描くにも万年筆でよくね? って所に着地した感じ。最初からそうしておけば無駄な出費をしなくて済んだのにね……。

あと、ローラー&クライナーのドキュメントインク(黒)ブルゴーニュに入れてみたんだけど、いまいち書き味がよくなかった。つまりはしないけど段々かすれてくる。プラチナのカーボンインクに変えたらすげー快調。R&Kもプレラに入れた時には全く問題なかったんだけど、なんか相性とかあったのかなあ。値段的に入手性的にもプラチナカーボンが一番なので、しばらくカートリッジで行こうと思う。コンバータも買ったけど、なんとなくインクが蒸発しやすそうな気がするし、カートリッジに入ってる金属球がかちょんかちょん言うのがおもしろいんだよね。そういう意味ではパイロットのコンバータも好きだ。あれは全てのコンバータで標準装備すべき。特にプラチナ。特に棚釣りするプラチナ。



IMG_9825.JPG
ROHRER&KLINGNERのドキュメントインクをね……買いましたよね……

ここはDr.ヤンセンのドキュメントインクにしようと思ったんだけど、日本橋丸善でも扱いがないって言うし、でもプラチナのカーボンインクはたしかにフローがちょっと渋い……というわけで、《ヴァーディグリースでお馴染みの(私が)ローラー&クライナーで行ってみようと思い立ったわけでございます。

■ 追記@2017.02.02
しばらく使用してみた所、プラチナのカーボンインクのフローが渋いのではなくて、センチュリーとブルゴーニュのペン自体のフローが絞り気味だったぽい。むしろ、現在(自己調整済み)のブルゴーニュではプラチナカーボンインクが至極快調に使えております。カーボン冤罪ゴメンな!




店舗で色見本を見せてもらった所、ブラウンが赤みのない、どちらかと言えば緑系のセピアみたいな色味だったので勢いでそちらも買ってしまった。この写真ではよくわからないだろうけれども、どちらかと言えば茶色というよりも緑のインクが古くなって褪せたような感じの色味で気に入りました。書いてみたら意外と薄いかなと思ったけれども、濃淡のよく出る美しいインクでした。

ちなみに耐水性ですが、これはクロッキー帳に書いたものの上を水筆でなぞったものと、呉竹の色筆でなぞったもの。全く滲んでおりませんでした。優秀なり。

IMG_9824.JPG
こっちのほうがよく分るかな。黒はくっきりはっきり、茶色は古風な感じで大変良いです。正直個のインクのためにセンチュリーがもう1本あってもいいくr

IMG_9874.JPG
黒に至っては、やはりプラチナカーボンよりもフローがいい様子。どちらもプレラに入れて書いたものですが、若干(というかかなり)R&Kの方が線が太く出ているのがお分かりいただけるだろうか。プレラのFほっそ! と思ってたけど別にそれほどでもねえな……と我に返った瞬間でもありました。

IMG_9876.JPG
とりあえず、初めてプラチナのインククリーナーを、プラチナの顔料インクのために使用しました(キリ
最近はヨーロッパサイズのやつばっかり買ってて、引き出しをひっくり返して探したらプラチナのスポイトが出てきて助かった。物を捨てられない性格で良かったー。なんだかんだでめっちゃ便利だもの……

それにしても、そのスポイトを使ってかなり綺麗に洗ったつもりが、洗浄液につけたらインクがもやもや出てくるのだから、顔料インクとは恐ろしいものです。説明書に従って一昼夜水につけております。とりあえずR&Kを入れてみて、線が太すぎたらまたプラチナに戻そうと思います。R&Kのインクはプラチナのクリーナーで落ちるのだろうかと言う一抹の不安をいだきつつ、純正のインククリーナー(ライニガー)買うってほどじゃねえよな……って逡巡しています。でもなんか便利そうだな……ビンテージの146のインク窓もこれできれいになるかしら……でもビンテージに使う勇気ないわwwwwだれかwww誰か人柱にwwwww



PAGE TOP