IMG_0835.JPG

撮影用に眠っていた万年筆も引っ張り出してきて並べてたら猫チェックが入った。


 


結局二つ買ってしまった。送料無料だからセーフだと思いたい。しかし、これはなかなか便利で良いです。下の段にモンブランの149を入れて重ねてもぶつからないくらいのスペースは確保されつつもかさばらないし。埃が気になればあとから付けられる専用のガラス製の蓋もあるしね……

やっぱり万年筆は並べてなんぼだな、と思った。ペンボックスに入れてしまいこんでおくとペン先もカビますしね……そろそろ全体的にメンテナンスが必要なのではないかと思い始めた今日このごろです。

それにしても、やはり俯瞰してみるとモンブランとDELTAが多い。その辺の好みは昔からずっと変わってない。始めてもらった万年筆がDELTAのソラリスで、三つ子の魂百まで、ってこのことか。その割に、最初の頃はモンブランの「万年筆っ!」ってフォルムが苦手だったけど、今となってはホワイトスターかわいいれす(^q^)
字幅の好みも中字〜太字〜細字〜と微妙に変化してきているし、まあ今は気分で使い分ければなんでもいいと思ってるけど、思えば遠くへ来たものですねえ。金ペン堂でドルチェビータのソワレを買ったのが2007年とか……10年前……だと……? ちなみにソラリスはそのもっと前だからもう思い出したくもない。うわあ、時間の流れまじ怖い。そしてまるで成長していない自分に気づいて、あ、意外と人として軸がぶれていないな、と思い直した次第です。



IMG_9699.JPG
#3776 センチュリーのブルゴーニュの洗浄をしていたら、なんかペン先ががたがたするなあと思ってちょっと力を入れたらペン芯が引っこ抜けてしまった。じゃあついでにペン芯も綺麗に洗っちゃおうかなあ、とか、シャルトルブルーとくらべてペン芯のセット位置が微妙に違うしいい感じの位置に直してみるか、とか思ったけどなんかおかしい。簡単に抜けすぎる。シャルトルブルーの方も試してみたけどこっちは抜けない。あれ、大丈夫かこれ?

まあメンテしやすいっちゃあし易いからな……と、そのままペン芯をはめ込んでカートリッジさしたら、なんかペン先から厭な音がした。ギシッ、って、なんか歪む音が。
まあまあ、プラチナのカートリッジって金属球が入ってるし口がきついしね、しょうがないよね。と、使い始めたら、最初は掠れもせず引けていた線が、段々と微妙な感じになってくる。たまにペン芯がぎしっていう。ペン芯側をぐっと押すと、ぺち、って音がしてフローが戻ってくる。

よもやと思って調べてみたら、なんか価格.comとか知恵袋とかで同じ現象に見舞われている人が……不良ロットに当たったのかなあ。でもゆるいとは言えするっと抜けるってほどでもないし不良品ってほどかなあ、と逡巡していたのだけれども、日本橋丸善(購入店)に電話してみたら、とりあえず持ってきてくれたら……みたいな話になったので、ちょうど年末休みだったのでその足で日本橋へ。
結果、預かり修理になって、3週間くらいで、首軸の白い部品の当たりとペン芯を交換してもらって帰ってきた。ペン先まで交換されてたらどうしようかと思ってたけど、流石にそれはなかった(と思う) あれだけ悩んで選んだからなww

IMG_0750.JPG
#3776 センチュリーのブルゴーニュシャルトルブルー。並べるとキレイ……とニヤニヤしている。青い万年筆ってそう言えば持ってなかったし、赤系もモンブランのコーラルレッドだけだから、なにげに珍しくて眺めちゃう。なんかゼリーみたいで美味しそう。ちなみにゼリーはゼリエース(イチゴ味)をちょっと固めに作ったやつがいちばん好きです。ブルゴーニュは、酒の飲めない私の中ではワインというよりゼリエースの色なのです。

IMG_9705.JPG
どちらもペン先は超極細(UEF)だけど、なんとなくシャルトルブルーのほうが微妙に線が太い気がしている。購入時はブルゴーニュの字幅が大分細かったんだけど、部品交換と全体のオーバーホールをしてもらって戻ってきた今、ちょっとフローが良くなって差があんまりなくなった。

それにしても超極細、たしかにチョー細いから、原稿用紙にと言うよりは手帳なんかに小さい文字をちまちま書くのに向いている。特にほぼ日のトモエリバーはインクの吸収も遅いし相性は抜群であるなあと思います。とは言え、アピカのプレミアムC.Dノートブックこと紳士なノート(クリーム上質紙)とかに書いても引っかかるわけでもなく、かと言ってつるつる滑るわけでもなく、ちょうどいい感触で書けるのですごい。プラチナのカーボンインクじゃなくて他の顔料じゃないインク入れたらもっと気持ちよく書けるんじゃないかなあ。いずれどちらか一方、顔料じゃないブルーブラックとか入れてみたいかもしれない。

IMG_0747.JPG
書き比べてみてもやっぱり違いはあんまりわからなかった。そして特筆すべきは大橋堂万年筆の極細の細さよ。これ、インクはフローさらっさらと私の中で定評のあるローラー&クライナーのヴァーディグリースなのですぞ。つまりはセーラーの極細すごい、ってことです。何度かメンテナンスしてもらってるけどフローもよく掠れもしない、なのに安定したこの細さ。

最近、万年筆熱が再燃しちゃってどうしようかと思ってる。今日は20時〜21時で豊岡クラフトのペントレイ(2個め)が届くので早く帰ります(ニヤニヤしながら)



IMG_0717.JPG
今まではNAGASAWA PenStyleの10本差しロールペンケースマッジョーレのやつ(6本用)とかフルハルターのQuartetとかに分散して引き出しに入れてたんだけど、最近万年筆を持ち歩くこともないし、ここらで綺麗に並べましょうかと富岡クラフトの15本用ペントレーを買いました。


 



サイズも測らず適当に買ったけど、机の引き出しに丁度フィットしていい感じ。綺麗にディスプレイするのにも憧れるけど、我が家には破壊神×4が常に降臨なすっているので出しっぱなしは超危険。なので別売りのガラス製の蓋は買わなかった。どうせ引き出しの中だから埃も積もらないだろうしね。でも並べてみたらスペースが足りなかったので急遽もう一個買い足した。これは割りと厚みもなく、シンプルな作りでかさばらないし、重ねてどんどん増やしていけるのでとても便利だと思う。いや万年筆を増やすという意味ではなく。今度増えるけど今年の購入枠はそれでお終いですしおすし。

しかし並べてみると、モンブラン大好きだな私。あと多分オレンジとか赤が好き。この写真撮った後、ほかのペンケースに入れてたドルチェビータのソワレとかソラリスとか146とか発見して、慌ててケースを買い足したわけでございます。あとちょっと余裕がないとペン同士がぶつかって(以下略

ちなみにこの他にも、ペンボックスに入れてしまってある万年筆が何本か。不思議なのは、ペリスケのMが何処を探しても見つからないこと。Fはちゃんとあるんだけどな。どっかの現場に忘れてきたのかなあ。それか引っ越しのどさくさで何処かに紛れたか……もう1年以上探してるけど見つからない。しょんぼり。

IMG_0718.JPG
他に、今インクを入れてる一軍は机の上に放置してるペンケースに入れている。つくしペンケースに似てるけれども違います。もともとプラスチックのツールボックスにごそっと突っ込んでたんだけど、シャルトルブルーとブルゴーニュ買ったら傷つけるのが嫌でなんかないかなと探してて、どうせならフラットに開くやつが使いやすいけどつくしペンケースどこでも売り切れだったんで似たのを探したらサンスターからムーミンのやつが出ててラッキー。モレスキンとwebnotebookとロイヒトトゥルムみたいだけど気にしないよ。猫毛がめっちゃつくけど。

LIHIT LABのブックタイプのペンケースも買ってみたんだけど、なんかナイロンのシャリシャリした手触りが好きじゃないので放置してる。なんとなくリネンのほうが万年筆に傷がつきにくそう。でも中身はたくさんはいるし、消しゴム入れるポケットとかたくさんついて機能的。
チャンスが有れば本家つくしペンケースも買ってみようと思ったほど、このそれこそモレスキンのごとく180度パタンと開くペンケースは使いやすい。じゃあロールペンケースでいいじゃん、って思ったんだけど、これ安かったんだよね……あっでもペントレー買ったからマッジョーレのロールペンケース空になったんだった! あれ、じゃあ万年筆はそっちに入れたらいいじゃん……あれ……?

(気を取り直して)左から、中屋万年筆(シガーロング黒溜)、#3776 シャルトルブルーブルゴーニュ、大橋堂(梨地)、大橋堂(緑)。蓋を閉める旅に「傷がつかないといいなあ」と思ってるので、そのうち間にハンケチーフでもはさもうかな。眼鏡拭きとか。実用品だしそんなに神経質になることもないと思うけど。

なんか最近、中屋万年筆のすべすべした感触が好きすぎる。昨日は書物の途中でシガーロングを握りしめたまま寝てた。キャップは閉めていたのが最後の理性か。大橋堂の漆もいいけど、シガーには凹凸がないし、クリップもないからシンプルでいいんだよねー……でもニブがミュージックだからそんなに出番が無いのが残念。いや太字からミュージックに変えてもらっといてなんだけど。字幅の好みって変わるから……



PAGE TOP