IMG_0849.JPG
やっぱりシャルトルブルーが書いてる途中でインクが出なくなる・フローが渋い、ので、ローラー&クライナーのライニガー(インククリーナー)買ってみた。プラチナのインククリーナーに一晩漬け込んでおいたんだけど、念のため、というか、まあつまるところ使ってみたかった。R&Kのドキュメントインク(ブラック)使う予定だったし。

IMG_0850.JPG
中にリザーブタンクめいたものがついていて、そこにペン先を突っ込んで吸入する。割と底が浅くて、大型ペン先だと入り切らなくて吸えないこともあるよ……特にドルチェビータとか、首軸まで突っ込まないと吸入できないタイプのやつ。そういう場合は、コンバータを外して直接吸い込む、と言う荒業が使える(使った)吸入式だとどうだろう……ていうかこれ、吸入式に使っていいのかな……いいんだよね多分……

IMG_0851.JPG
ワアーキレイ……

この状態で5分くらい文字を書く、とのことなのでひたすらクロッキー帳に文字を書いていたんだけれども、プラチナのインククリーナーが優秀なせいかどうか、全く筆記線がわからない。真っ白い紙に透明な文字をひたすら書き連ねていくというこのシュールな時間。1分くらい経つとネタが尽きてくるので、もういっそ写経とか文章を決めて模写とかしないと5分も間が持たない。真っ白だからね。

IMG_0853.JPG
結局シャルトルブルーは何も起こらなかったので、前回洗浄はしたものの、インクをドライアップさせてそのまま忘れること数回、大変申し訳無いことをしてしまったドルチェビータのソワレで試してみた。写真は撮り忘れたけど、リザーブタンク? にペン先をつけた時点で紫色のインクがニュルニュル出てきた。入れてたのはダイアミンのトワイライトだったんですけどね……。リザーブタンクがあってよかった。瓶全体が汚染されるところだった……この溜り、そういう意味もあるのかもしれない。ちなみにソワレはペン先大きすぎて吸えなくて、溜まりに残った紫に染まった液体をコンバータで吸い込んで事なきを得た。

で、書いてみたら、なんかセーラー の雪明みたいでキレイ……ソワレはFなんだけど、筆記線は大分太く出るみたい。まあインクじゃないしな。あと、なんかレモン系の洗剤の匂い(オレンジオイルとかっぽい)がするので、猫が監視しに来た。なんか久しぶりに細字以外の万年筆使ったけど、やっぱりいいなあソワレ……字を書くには極細よりは、舶来物の細字以上が気持ちいいなあ。細かい字をちまちま書くのも楽しいんだけど、まあ、どっちもどっち。


そして綺麗になったシャルトルブルーとソワレを水洗いして、ソワレはおやすみ。だからフローが改善されたかはまだわからない。そもそもなんの問題もなかったからねソワレはいい子。でも確実に綺麗にはなった。デルタのコンバータめっちゃ使いやすい。

シャルトルブルーの方に満を持してR&Kのドキュメントインク(ブラック)入れてみた。プラチナのカーボンインク使ってると、書き出しはいいんだけどしばらく使ってると段々掠れてインクが出なくなってくる、と言う症状があって、どこぞで調整をお願いしようかと悩んでいるんだけれども、まあ自分でやれることは全部やってみるか、と思い立ってのインククリーナー、そしてフローの良さそうなインクに入れ替え……だったのだが。

R&Kは、書き出しはちょっとかすれるものの、使い始めてみたら調子がいい。逆にプラチナのカーボンを入れてるブルゴーニュの方は、書き出しはいいけどやっぱりそのうちインクが出なくなる。ブルゴーニュの方は一度首軸がゆるくて修理に出していて、その時にオーバーホールもしてもらったということで、ペン先に問題があるとか、コンディションが悪いとか、そういうことではないと思うんだよな……

そして運用試験も兼ねてひたすら細い線を引く、と言う、ツイン・ピークス2017に対する狂おしいほどの期待を込めた一枚がこちらです。日本で放映権とるの何処だ。ケーブルならそこと契約する。

@coacervate22が投稿した写真 -




書いてる時は調子良かったんだけど、その後原稿用紙に文字を書いてみたら、これがまたかすれるんですよね……なにこれ。インクのせいじゃなくない? ペン芯にあるインクを使い切ったら駄目な系じゃない? あと切り割りに紙の滓が詰まってるし……まあ兎に角プラチナカーボンインクは冤罪だったとわかった。R&Kがフロー激渋、ってことなら分からんが。プレラに入れた時はフローめっちゃ良かったんだよね、R&K。だから安心してたんだけど。

そういうわけで、#3776フロー改善計画はまだ続く。



IMG_0835.JPG

撮影用に眠っていた万年筆も引っ張り出してきて並べてたら猫チェックが入った。


 


結局二つ買ってしまった。送料無料だからセーフだと思いたい。しかし、これはなかなか便利で良いです。下の段にモンブランの149を入れて重ねてもぶつからないくらいのスペースは確保されつつもかさばらないし。埃が気になればあとから付けられる専用のガラス製の蓋もあるしね……

やっぱり万年筆は並べてなんぼだな、と思った。ペンボックスに入れてしまいこんでおくとペン先もカビますしね……そろそろ全体的にメンテナンスが必要なのではないかと思い始めた今日このごろです。

それにしても、やはり俯瞰してみるとモンブランとDELTAが多い。その辺の好みは昔からずっと変わってない。始めてもらった万年筆がDELTAのソラリスで、三つ子の魂百まで、ってこのことか。その割に、最初の頃はモンブランの「万年筆っ!」ってフォルムが苦手だったけど、今となってはホワイトスターかわいいれす(^q^)
字幅の好みも中字〜太字〜細字〜と微妙に変化してきているし、まあ今は気分で使い分ければなんでもいいと思ってるけど、思えば遠くへ来たものですねえ。金ペン堂でドルチェビータのソワレを買ったのが2007年とか……10年前……だと……? ちなみにソラリスはそのもっと前だからもう思い出したくもない。うわあ、時間の流れまじ怖い。そしてまるで成長していない自分に気づいて、あ、意外と人として軸がぶれていないな、と思い直した次第です。



IMG_9699.JPG
#3776 センチュリーのブルゴーニュの洗浄をしていたら、なんかペン先ががたがたするなあと思ってちょっと力を入れたらペン芯が引っこ抜けてしまった。じゃあついでにペン芯も綺麗に洗っちゃおうかなあ、とか、シャルトルブルーとくらべてペン芯のセット位置が微妙に違うしいい感じの位置に直してみるか、とか思ったけどなんかおかしい。簡単に抜けすぎる。シャルトルブルーの方も試してみたけどこっちは抜けない。あれ、大丈夫かこれ?

まあメンテしやすいっちゃあし易いからな……と、そのままペン芯をはめ込んでカートリッジさしたら、なんかペン先から厭な音がした。ギシッ、って、なんか歪む音が。
まあまあ、プラチナのカートリッジって金属球が入ってるし口がきついしね、しょうがないよね。と、使い始めたら、最初は掠れもせず引けていた線が、段々と微妙な感じになってくる。たまにペン芯がぎしっていう。ペン芯側をぐっと押すと、ぺち、って音がしてフローが戻ってくる。

よもやと思って調べてみたら、なんか価格.comとか知恵袋とかで同じ現象に見舞われている人が……不良ロットに当たったのかなあ。でもゆるいとは言えするっと抜けるってほどでもないし不良品ってほどかなあ、と逡巡していたのだけれども、日本橋丸善(購入店)に電話してみたら、とりあえず持ってきてくれたら……みたいな話になったので、ちょうど年末休みだったのでその足で日本橋へ。
結果、預かり修理になって、3週間くらいで、首軸の白い部品の当たりとペン芯を交換してもらって帰ってきた。ペン先まで交換されてたらどうしようかと思ってたけど、流石にそれはなかった(と思う) あれだけ悩んで選んだからなww

IMG_0750.JPG
#3776 センチュリーのブルゴーニュシャルトルブルー。並べるとキレイ……とニヤニヤしている。青い万年筆ってそう言えば持ってなかったし、赤系もモンブランのコーラルレッドだけだから、なにげに珍しくて眺めちゃう。なんかゼリーみたいで美味しそう。ちなみにゼリーはゼリエース(イチゴ味)をちょっと固めに作ったやつがいちばん好きです。ブルゴーニュは、酒の飲めない私の中ではワインというよりゼリエースの色なのです。

IMG_9705.JPG
どちらもペン先は超極細(UEF)だけど、なんとなくシャルトルブルーのほうが微妙に線が太い気がしている。購入時はブルゴーニュの字幅が大分細かったんだけど、部品交換と全体のオーバーホールをしてもらって戻ってきた今、ちょっとフローが良くなって差があんまりなくなった。

それにしても超極細、たしかにチョー細いから、原稿用紙にと言うよりは手帳なんかに小さい文字をちまちま書くのに向いている。特にほぼ日のトモエリバーはインクの吸収も遅いし相性は抜群であるなあと思います。とは言え、アピカのプレミアムC.Dノートブックこと紳士なノート(クリーム上質紙)とかに書いても引っかかるわけでもなく、かと言ってつるつる滑るわけでもなく、ちょうどいい感触で書けるのですごい。プラチナのカーボンインクじゃなくて他の顔料じゃないインク入れたらもっと気持ちよく書けるんじゃないかなあ。いずれどちらか一方、顔料じゃないブルーブラックとか入れてみたいかもしれない。

IMG_0747.JPG
書き比べてみてもやっぱり違いはあんまりわからなかった。そして特筆すべきは大橋堂万年筆の極細の細さよ。これ、インクはフローさらっさらと私の中で定評のあるローラー&クライナーのヴァーディグリースなのですぞ。つまりはセーラーの極細すごい、ってことです。何度かメンテナンスしてもらってるけどフローもよく掠れもしない、なのに安定したこの細さ。

最近、万年筆熱が再燃しちゃってどうしようかと思ってる。今日は20時〜21時で豊岡クラフトのペントレイ(2個め)が届くので早く帰ります(ニヤニヤしながら)



PAGE TOP