スポンサーサイト

2017.02.06 Monday | - | - | - | -

一定期間更新がないため広告を表示しています

最近、ほぼ日手帳に書き込むときはずっとミリペンばっかり使ってるので、何か自然に集まってきた(「何もしてないのにパソコンが壊れた」的な意味で)まあ会社の徒歩圏内に世界堂があるのがまずヤバい。

大体0.3のシャーペン(製図用)で下書きしてミリペンでペン入れした後、ホルベインの透明水彩呉竹のリアルブラッシュで色を塗っている。ホルベインは12色セットを買ったけど、結局あとから何色か買い足してるし、リアルブラッシュも36色を買ってちまちま買い足しているので、結局最初からある程度揃えておけば良かったとおもった。混色すればどんな色でも作れるとお思いでしょうが、色彩感覚なき人間には不可能に近いんですよ!

IMG_8189.JPG
と言うわけで、モレスキンのスケッチブックに書き比べてみた。文字のうえは全部水を付けた筆でなぞっています。

結論:どれもあんまり変わらない……

ほぼ日手帳のトモエリバーだと、インクの吸い込みが悪い(=裏抜けしにくい)所為か、ミリペンでなぞったあとに消しゴムをかけるとインクが抜けて色が薄くなるんだけど、薄くなるランキングは私の印象では以下になる。

1. COPIC MuitiLiner(一番薄くなる)
2. SAKURA PIGMA
3. STAEDTLER Pigment liner
4. FABER-CASTELL PIT artist pen

ので、大体ステッドラーかファーバーカステル使ってる。消しゴムかけたあとに細かい線とか引くのは、圧倒的にコピックのマルチライナーが強い。何故なら0.03までの細さがあるから。ほとんど針。すげえ便利。と言うかトモエリバーじゃなきゃ全然大丈夫だから、なんか無駄にマルチライナーが増えていく。コピック自体は持ってないのに……

PIGMAはトニーたけざきがこれ使ってるって聞いて買ってみた。ステッドラーは「何かステッドラーってかっこよくね?」と言うゲスな動機で購入したものの、実はインクが濃くてめっちゃ使いやすかった。流石ステッドラー。

ファーバーカステルのアーティストペンはこちらのブログで紹介されてるのを見てなんかいいかも……と思ってとりあえずグレースケールのパックを購入したもの。結果大正解で、トモエリバーでも裏抜けしないし、耐水性は凄いし、消しゴムかけても薄くならない! すごい! でも太さのバリエーションが少ない(ブラシ、M、F、S、XS)(XSはブラックのみ)まあ本来はブラシがメインだし、使い方さえしっかりしてればこんなことも出来るんだものね(youtube)……

あとは、何か久し振りに丸ペンが使いたくなったので、ウィンザー&ニュートンのドローイングインクを買ってみた。乾くと耐水性になると言うけれども、ブラックは滲まなかったけれども、ウルトラマリンがちょっと滲んでるかも……これは完全に乾いてなかったのかも知れない。まあ、とりあえず黒だけあればいいんだけど。それにしてもモレスキンの紙質すげえな! これでも髭が出るんだな!(嫌味)

IMG_8175.JPG
まあ、ほぼ日に何を書いているかと言えばこんなことやってる。実物は本当に可愛いんですけどね……どうして私が描くとこんなにも恐ろしい顔になるのか……
これはマルチライナーの0.03で描いて、ホルベインの透明水彩で色を付けたもの。トモエリバー、水彩向いてないよね……まあ知ってる。でも面白いからまあいい。

IMG_8181.JPG
これはトモエリバーではないけれども、レオス・カラックスの「POLA X」に出演していたカテリーナ・ゴルベワが亡くなっていたことを知って衝撃を受けて書き殴ったものです。呉竹のリアルブラッシュでぐりぐりした。と言うか、ポーラXってさあ……主演のギョーム・ドパルデューも亡くなってるじゃんか……「ポルターガイスト」の比じゃねえだろうが……ちなみに私はカテリーナ・ゴルベワが一番美しいと思っています。なんてこったい。



それはそれとして、来年のほぼ日(カズン)の表紙がデキタヨーヤッター

IMG_8190.JPG
おもて。向かって右の奴は、ヒグチユウコのポストカードブックの初版購入特典の箔押しビニール袋を裁断して挟んだものですよ。

IMG_8191.JPG
うら。こはるちゃんかわいいよこはるちゃん。矢っ張りうちの猫に似ている。

一切持ち歩かないのに革のカバーとかいきがって付けちゃってごめんなさい……ペンホルダー意外と邪魔だし……って事で来年はビニールカバー+トレーシングペーパー+素敵な切り抜き(このために雑誌沢山買った)+クラフト用紙で作成しました。中学生の頃、姉がこうやって私のノートに可愛い表紙を付けてくれたことを思い出しました。あの頃から……まるで成長していない……!

中二病って、完治するんじゃなくて潜伏するだけなんですね……何きっかけで再発するか分からないものなのです……ね……!




IMG_6453.JPG
大橋堂から日本橋丸善に出張する旨の葉書が届いたので、本日夕方、土砂降りの雨の中をいそいそと出かけていった。

今回持って行ったのは、現状でインクを入れている手前の日本。前の人がいたので展示品の説明文なんかを読みながら15分くらい待機。葉書を渡して、万年筆がみるみる解体されていくのを眺めたり、目の前にずらりと並んだ万年筆を触ったり触らなかったり。

IMG_6454.JPG
実は今回、メンテナンス意外にひとつ目的があった。津軽塗のクリップ外しである。前々から、なんかこのクリップいらないんじゃないのかなあ……って思ってた……多分数年前からずっと外して貰おうかどうしようか迷ってた気がする。

そして今回、到頭その野望を実行に移したわけで御座います。ちなみにクリップはあっさり外して貰えて、「またつけたくなったら持ってきてね」と、袋に入れて返して貰えましたよ。

IMG_6455.JPG
まあこの穴が気になるっちゃ気になるんだけど、別にいっか、とも思っている。クリップがなくなったことにより、「キャップを尻軸に嵌める時はペン先とクリップの位置を合わせなければバランスが狂う」という強迫観念めいた緊張を強いられずに済んで気が楽になりましたよ?

あと矢っ張り、この禍々しい津軽塗にはクリップも何もないシンプルな軸の方が合ってる気がする。

IMG_6456.JPG
メンテナンスして貰った万年筆は快調です。まあそもそもが不調でも何でもなかったんだけど。
なんか甘い匂いがするんだけどこれってグリースかなあ。

それにしても、大型ペン先と小型ペン先で、同じ細字でもここまで書き味が違うものかと感心する。大型のふわふわっぷりと、小型のかりかりっぷり。同じ形なのになあ。そして今回、中字と太字を試し書きさせて貰ったけれども、大型ペン先+中字はいいぞ……気に入った軸があったら危なかった……割とマジで。

玉虫塗り(上の写真で言うと手前から3本目の緑のやつ)が現品限りで今後は入手が難しくなるので気になってるなら買っといた方がいいよと言われましたすいません持ってます……大型のスタンダートな奴があったけど思いとどまりました。理性さんいい仕事したよほんと。気になってる方は日本橋丸善へゴー。レアポケモンよりレアになるかもよ?(ポケモンやったことないので想像で書いています)

IMG_6457.JPG
ついでに丸善の文具売り場をうろうろして、MDノート用のビニールカバーを買ってきたので、ほぼ日に入れた残りのカレンダーを使って表紙を作ってみた。ほぼ日の方はトレーシングペーパー買って挟んだんだけど、MDノートは最初からついてるのがいいですね。なんかお洒落になりました。使い道は何も考えてないけれども。



IMG_4695.JPG
今年からほぼ日デビューしたんだけれども、せっかくなので意識高くイラストとか入れようと思ったら今度はシャーペンが欲しくなってきた(病気)

先日池袋の世界堂でファーバーカステルのバリオLロットリング600の0.5mmシャーペンを買って、2Bと3Bの芯(三菱ハイユニ)入れて使ってたんだけど、なんか……芯ホルダーって……いいんですって……?

昔から筆記用具は重め、重心後ろ目が好みなので、色々調べて悩んだ結果、ロットリングのラピッドプロをとりあえず買ってみることにした。ロットリングの600の手触りが気に入ったってのもある。

手触りといえば、ファーバーカステルは鉛筆っぽくてとつるつる滑る。金属部分の滑り止めすら滑る。どういうことだ。ちなみに、ファーバーカステルのバリオにはソフトとハードがあって、軸を回すと切り替えができる。ハードは製図用で芯の固定が強力で、ソフトは通常筆記用にクッション機能がついて芯が折れにくい……とかなんとか……まあ切り替えても違いなんか全くわからなかったんですけどね……製図もしないしね……

ロットリングは金属製なので重くて大変良かった。ペンに振り回されるくらいの重さが好きです。あと、あんまり大きな声ではいけないけれども、ペン先に遊びがあって書いてるとカチャカチャ鳴るやつ(ハイテックCコレトみたいな)も実は好き。

真ん中のuniの0.3mmは、高校時代からずっと使ってるやつ。20年以上……? いやどっかで時空が歪んでるに違いない。そんなに時間が経ってるわけない。受験勉強もこれ一本で乗り切って、それから大学もこれでノートとって、その後一時期シャーペンなんか使わなくなったけどなんとなく捨てられずずっと持ち歩いていたら最近やっぱり日の目を見た。捨てなくてよかった。ついでに0.3mmの2B替芯買ってまた使おうと思う。結構ガシガシ使ってたんだけど、20年経っても壊れもしないってやっぱすげーな。

IMG_4697.JPG
あれ、何だかおかしなものが写り込んでおりますね。これは妖怪ケーブル齧りに違いありません。8000円弱のヘッドホンケーブルを殺られました。懐が痛いです。

一番手前がラピッドプロ。持ってみたら、重くてなかなかいい感じ。会社から15分程度歩けば世界堂もあるし本当は持ってみてから買えばいいんだけど、暑くて出歩く気にもならないので通販で買ってしまった。失敗してもまあ、ロットリングだしそれほど外れもなかろうと。
しかし、芯ホルダーというものは初めて使ったけれども良いものですね。確かに鉛筆に近い。じゃあ鉛筆使えばいいじゃんって思うけど、削るの面倒だし、使うと減るし。これはお尻の所に簡易研芯器? っていうの? 芯を削る奴が付いているんだけど、とりあえずuniのポケットシャープナー/DPS6001P一緒に買った。まだ使ってないけど。

芯はロットリングのBを買ったんだけど、なんか想像してたよりも薄くて硬い。なんとなくもうちょっと柔らかい筆記感を求めていたので、せっかくだからステッドラーの2Bと4B買ってみた。ロットリングと互換性があるのかどうか謎だけど、なかったらまあ、ステッドラーの芯ホルダーも買えばいいじゃない。そして硬度毎に分けて使えばいいじゃない、って、私の中の悪魔が言ってた。悪魔さんマジ悪魔。

しかし、高校時代から製図用って、当時からイキってたんだなあ……黒歴史量産しすぎて過去を振り返るのが怖い。まあ現在も進行系で蓄積してるんでしょうけど最近はもうあんまり羞恥心とかなくなってきたような気がしないでもない。ドリフターズ放送楽しみ! とか会社で普通に言えるからね……人として何かが終わったような気がするアラフォー世代です。

IMG_4712.JPG
最近、こんな感じで猫が収まってくるのでペンを使っているとガブガブやられる。尻軸の消しゴムとか気をつけないと殺られるかも。色々なものがなくなって、掃除するとベッドの下とかから出てくるのは妖怪の仕業に違いない。可愛いから許す。





5月の中旬くらいに金ペン堂に電話して、予約してました……

IMG_1288.JPG
2016年の限定は紫、しかもマット加工と来ればスルーするのは無理だった。
サファリの限定と言えば、2008年のライムグリーン2011年のアクアマリンだけ持ってたんだけど、大体4年ごとに買ってる計算になるな……オリンピックイヤー?

IMG_1289.JPG
今回はペン先も黒なんですね。まあ色がついてるだけで書き味が違うとかは全くない訳だからどうでもいいっちゃあいいいんだけど、単純に黒の方がかっこいいと私は思う。

IMG_1292.JPG
インクもね、アクアマリンだから青だとかライムグリーンだから緑だとか、じゃあダークライラックだったら紫だろう、ってこの、何のひねりもない感じ? ひねりなさいひねりなさいと嘉門達夫に言われちゃう。しかも字幅は全てMですよ。金ペン堂に注文してから気付いたよ。ぼかぁバカですね……


サファリは会社で設計とか書き殴るのに丁度いいんだけど、今日、久し振りに真面目に原稿用紙に向かってみたら、なんか尻にはめたキャップの段差が指の股に当たって痛い……サファリってこんなサイズ感だったっけ。他のと比べても同じサイズだったけど。矢っ張り机の高さとか紙質とか使う場所とかで印象は変わるものなんだなあ。

もともとサファリは鉛筆みたいな感じでがしがし使うのがいい。かしこまって机に向かっていざ、って感じではない。あと打ち合わせとかで使ってても、「うわあ……」って生温い目で見られない、ぎりぎりのボーダーラインにある万年筆であると思う。


今回も金ペン堂で買ったので、インクフロー等全く問題なかった。良い個体だと思われます。そして数年ぶりにいった金ペン堂では看板と内装が変わっていて、何だか、昭和の雰囲気から闇市感が抜けて三丁目の夕日テイストになっていた。これ、伝わりますでしょうか。あと犬がいた。色々変化してゆくのだなあとしみじみ思いつつ、三省堂でコンバータ買って帰宅。やっぱり神保町は東京で一番好きだ。
IMG_7362.JPG
懐かしの廃盤インク、モンブランのレーシンググリーンですが、我が家には滑り込みで買ったボトルインクがあと3本ほど死蔵されております。インクの消費期限とか色々と取りざたされてはいるものの、矢っ張りこの色が好き……っ! って事で、M800にはよくこのインクを入れている。

IMG_7364.JPG
やはり、ボディを眺めてみるとバーントオレンジも緑縞も全くと言っていいほど違いはない。当然だよねだってM800なのだから。

IMG_7365.JPG
緑の文字はM800(中字)で、青い文字はバーントオレンジ(細字)で書いたもの。インクの差はあれど、どう見ても中字の方が細い。フローの問題もあるのかなあ。そろそろM800の方もちゃんと洗わないと駄目かも知れない。

DSC_0007
そして、バーントオレンジのペン先マクロ。iphoneでは寄り切れなかったのでNikonのD5000にお出まし願った。緑縞との違いは、ペリカンのお子様が1羽で、更にはふくよかになっていること。おなかがぽんぽんでミルクを飲んでいる子猫のようです。可愛い。

DSC_0006
こちらは2羽で、棒人間的なあれ。棒ペリカン?

そして、やっぱり緑縞の方は硬いなあ、何が違うのかなあと思ってよくよく見たら、バーントオレンジの方がペン先が長かった。何というか、ペン芯が後ろの方にセットされているというか。ペン先のFの文字の見える位置が高い。セッティングを同じにしたら同じ書き味になるとは思わないが、その辺がこのふわふわ感の秘密なのだろう。どちらも書き味が違って面白いです。いい買い物したな。


IMG_7345.JPG
ペリカンのバーントオレンジにインクを入れてやりました。

モンブランのトワイライトブルーにするか、R&Kのヴァーディグリースにするか迷ったんだけど、まあ最初だし何時もの奴にしとくか、って事でヴァーディグリース入れてみた。紙は満寿屋の原稿用紙。これは割と線が細く出る傾向があると思うんだけど、ヴァーディグリースのさらさらっぽさを差し引いても、Fにしては線が太い。

ちなみに、奥から順番に
・焼きミカン細字 R&K ヴァーディグリース
M1000中字(M) ウォーターマンBB
146中字(M)

Fが一番太いってどう言うことだよw

IMG_7346.JPG
写真撮る時には特に意識してなかったけど、これ全部金ペン堂のやつだ……!

IMG_7348.JPG
平研ぎ、って程でもないけど、ペンポイントは丸くない。好みの線が引ける感じがする。勿論フローはいいし、ペン先が引っかかるわけでも、尻軸が硬いわけでもない。全く問題ない、というか、中古で買ったにしては大当たりの個体。だって金ペン堂だもの。と言うことは、ペン自体に問題があって放流されたわけではないのだな……謎は深まるばかり……まあこれが中古の楽しみでもある。

筆記角度によってはちょっとざらっとするかな? と言うところとするする書けるところがあるんだけど、これはもう育てていく楽しみが残っていると言うことだと思う。というか、ひねり癖をなおしたい。1文字書く毎にペンを微妙に回す癖を直したい(割とマジで)

今まで使ってたM800緑縞(M)よりも、何だか軟らかい、というか、衝撃吸収性があるような気がする。でもM800はM800だからそんなに違いはないのかなあ。今、M800は洗って休ませているので、そのうちにそっちにもインクを入れて書き比べてみたい。

IMG_7350.JPG
特に変化のない写真を別角度から。やっぱりオレンジ軸は美しいなあ。私はモンブランの黒軸好きだと思ってたけど、矢っ張り暖色系のカラフルな軸が好きなのかも知れない……


IMG_7203.JPG
因果はめぐる糸車……と、申しましょうか……こうなったのには理由がある。

まず、今年2月に旦那が極黒レベルのブラック企業から、色彩雫の霧雨くらいのグレー? 企業に転職を果たしたこと。それに伴って休日が増え(土日がきちんと休めるようになった)二人で出かける機会が増えた。で、今日は何処行く? 銀座とか行っちゃう? みたいな会話が生じるようになり、折角だからボンディでカレーを食べましょう、と一路神保町へ。ここでは「金ペン堂に寄る」というミッションを華麗にスルーした、出来ていた。危なかった、まあ別にドルチェビータもってるしね! って事で、三田線乗って日比谷まで。でも別に用事があるわけじゃないね、伊東屋行ったら中屋の万年筆とか見ちゃうし……悪魔の館? いやいや流石にそこまではちょっと……あっそうだレモン社。あそこならレンズとかも置いてあるし冷やかすのに丁度よくね? よくね?

IMG_7204.JPG
Souverän M800 burnt orange.


一瞬先は闇……と、申しましょうか……ひとたび足を踏み入れたレモン社を後にする時、何故か私のバッグの中にはプチプチに包まれた(懐かしい)ペリカンの箱が入っていたわけでありました。

正直、最近、ほんと万年筆に関する情報を仕入れていなかった。趣味の文具箱すら読んでいない。だから、M800ベースの限定品が出てたなんて知らなかったんです本当に。意図的に情報収集を避けていたと言ってもいい。寝た子を起こすような真似をわざわざすることはない……でもね、魔が差した、というか、一期一会、ってこういう事だと思いました。痛感しました。

IMG_7214.JPG
何故なら、レモン社の硝子ケースの中には2本のペリカン バーントオレンジが鎮座ましましておりましたのですが、片方に注意書きがあったのであります。

「金ペン堂保証書つき」

トラップ? これってトラップだよね?
思わず二度見して、それから一度店の外に出て、あのオレンジ軸の万年筆が2015年9月に発売した限定品でまあ大体の値段を知りました。ググりました。本当は同じ段に並んでいた70年代のモンブラン149(EF)も欲しかったけど、どうせ149を買うならもう一寸遡ってテレスコープのがいい、それにEF持ってるし。ここで「両方買う」というコマンドを発動させてはならない、絶対にだ。

店員さんを呼んで、ケースから出していただきました。ルーペもくれたのでペンポイントとか眺めてみたけど「綺麗だなあ」という感想しかない。試し書きも別にしなくていいと思ってた、だって金ペン堂なんだもの。
でも一応、ピストンの調子とか見とくか、と思って回してみたらインクと水が溢れてきたので吃驚した。トレー汚してごめんなさい店員さん。すぐ洗浄してくれましたが、ピストンも問題なく動きました。硬いとかもない。

で、つけペン状態で試し書きさせて貰って、お、Fにしては一寸太めか? それにペンポイントも丸いというより昔のペリカンの平研ぎみたいだなーと思った。フローは分からんが、金ペン堂なら間違いないだろう、と、特に気にはしなかった。

IMG_7204.JPG
インク窓ない。私は元々インク窓いらない派なので、むしろなくて良かったように思う。だってその方が軸が綺麗に見える気がするから。

IMG_7206.JPG
ペン先の子供ペリカンは1羽。ルーペで確かめたとおり、綺麗なペンポイントでなかなかいいと思う。キャップの色は黒だと思ってたけど、よく見たら焦げ茶だった。M800と見比べてやっと分かる程度。

IMG_7208.JPG
我が家のペリカンファミリーを並べてみた。奥から、M1000M800焼きミカンおぼろ昆布

こうしてみると、バーントオレンジとM800は天冠は違うけどサイズ感は全く一緒。それに、M1000も意外と飛び抜けて大きいというわけでもない。

IMG_7209.JPG
天冠が一個だけ黒くない。うちのペリカンは皆少子化モデルですね。そう言えばペリカンのビンテージはひとつも持ってないな。

IMG_7211.JPG
M1000とM800の一番の違いと言えば矢っ張りペン先のサイズなのかな。金属の質が違うとは思えないが、あのしなりの違いを大きさだけ出だしてるとは思えない。M1000は地味に大好きだ。そして金ペン堂で買って使い込んだM800は、あるとき突然唐突に、「あっこれ物凄く書きやすい」と気付いた。それ以来、金ペン堂は盲信してる。でも、フルハルターで自分の書き癖に合わせて調整して貰ったおぼろ昆布も大好き……結局早いが遅いかの違いしかない。金属が摩耗する以上、インクフロートかピストンの不具合とかペン芯の不具合とか除けば、どうやったって使い続けていれば自分の書き癖通りに削れていくんだ(悟り)

IMG_7220.JPG
我が家のオレンジ軸まとめ。モンブランのはオレンジじゃなくてコーラルレッドだが、まあ、遠からず近からず。この写真じゃ分かりづらいだろうが、ドルチェビータと比べてみると、キャップの色が黒じゃないって事がわかる。

IMG_7222.JPG
ドルチェビータの軸は本当に美しいなあ。色合い的に一番好きなのはモンブランのコーラルレッドだけど、と言うかビンテージモンブラン大好きなだけだけど。


ちなみに、まだインクは入れていない。何時ものヴァーティグリースにするか、モンブランのブルーアワードにするか、まだ迷ってるから……

今夜はここで力尽きたので、焼きミカンを箱に戻して眠ることにした。なんか久し振りにテンションあがっちゃったなあ!

しかし、金ペン堂でわざわざ調整した限定版の万年筆を、こんな短期間で手放すってのはどう言う理由があるんだろうか。不具合があったなら金ペン堂で修理して貰えばいいし、物凄く書き味が気に入らなかったとか? 軸にも傷があるわけではなし、なんか色々と不思議な出会いだった。あ、持ってるとなんか悪夢(親ペリカンに丸呑みされる)を見るとか心霊系?

まだインク入れてないから見ただけでは分からない決定的な不具合がある可能性が捨てきれないとはいえ、金ペン堂の判子の押された保証書を前に色々妄想してしまった。中古はこういうのが面白い。古本の謎の書き込みとかね。なんか深い理由があるのかないのか、まあ、うちに来て貰った以上は大事にしますけれども。でも夜毎悪夢を見るようになったら速攻で売り払うけどね!



IMG_7091.JPG
わりと少なかった……いや、多いのか?

向かって左から

モンブラン149モンブラン BB
モンブラン146 80年代(Diamine BB
モンブラン146 プラチナライン(モンブラン ブルーアワード
・大橋堂(Dimaine BB
・大橋堂 津軽塗(R&K ヴァーディグリース
DELTA ドルチェビータ・ソワレDiamine トワイライト
・DELTA ソラリス(エルバン ナイトブルー
・ペリカン M1000(ウォーターマン BB
パイロット キャップレスR&K ヴァーディグリース

モンブラン多いな! と思ったけど矢っ張り私はモンブランとデルタが好きなのだった。特にソラリスは初めて買って貰った(高額)万年筆って事で思い入れが強くて、もう何年もずっとインクを入れている。フローがよろしくなくて、ここまで調整して貰うのに紆余曲折あったしね……今はエルバンのインクと相性がいいらしく、至極快調です。どれか一本選べって言われたらこれを選ぶかも知れない。

ソワレは……今はもしかして売ってないの? 前もこんなこと書いた気がするけど、生産終了ってマジか。いい感じに地味派手で気に入ってるのに。インクもダイアミンのトワイライトとか地味派手な色を吸わせて悦に入ってるのに……。

何だかんだでモンブランが好きで、中でもビンテージのモンブランは大好物と言っていい。書き味がね、違いますよ。ペン先のしなりがね。でも最近は万年筆修理の窓口が激減していて、年代物は迂闊にインクを入れることが出来ない……簡単なことなら自分で修理できるようになればいいんだろうけど壊したら厭だしなあ。と言うことで149も146(プラチナライン)も現行品。80年代の146だけは入れてる。これはユーロボックスで購入して、胴軸からインクが漏れるので交換して貰ったものなので、一応安心っちゃ安心。

146には2015年限定インクのブルーアワード? トワイライトブルー? を入れてるんだけど、これはなかなかいいですぞ。モンブランのサイトから「限定」の文字列が消えてるんだけど、もしかしてこれってレギュラー化するのか、いや、してるのか? だったら嬉しいな。是非リピートしたい、というか、ブルーブラックの代わりにこれを149に入れてしまおうかと考えているところ。

大橋堂は両方細字。なんで細字ばっかり買っちゃうんだろう……大橋堂のペン先は丸々してて、スタブ好きの私としてはどうにかして欲しい部分ではある。で、つい細字ばかりが集まってくる。書きやすいんだけど。

ペリカンM1000は、なんか物凄く気持ちがいいペンとして早6年? 7年? ほどレギュラーでインク入ってる。しかもウォーターマンのブルーブラックばっかり。今はミステリアスブルーって言うんでしたっけ? まあ兎に角あの緑変する奴。すっごい気持ちいい。手放せないくらい。中字なんだけど、あの紙を擦るシャッって音がすげー気持ちいい。

そしてPILOTのキャップレス。これもユーロボックスで買ったビンテージ? 古いタイプの奴だけど、私を細字好きにした原因でもある。極細なのにめっちゃ書きやすい。まあインクはすぐドライアップするので1週間くらい放置するとひどい目に遭うんですけどね。それでもついノートに指して毎日持ち歩いてしまう素敵な奴だぜ。

インクは青系ばっかりだなと今気付いた。もっとなんか紫とか緑とか使いたい気分に、最近なってきた気がする。まあ春ですしね、もうすぐ初夏ですし。気分も変えてみるのが宜しいかと思います。会社でLAMY使ってたら社内に文具マニアがいたことが発覚、これからは堂々と会議で万年筆を使おうかと思いました。


IMG_4106.JPG
っうわあああああああああああ


……わかりました、ええ、もう、インク入れなきゃいいんでしょ。限定品なんだから眺めて楽しんでればいいんでしょうが……っ


見つけた時はリアルで目が点になったけれども、正直原因が全く分からない。先日洗浄した際にはなんともなかった。それからインクを抜いたまま、キャップしてしまっておいただけ。えっなにこれ怪奇現象? 夏だから? ユニバーサル横メルカトル図法だから?

キャップを強く閉めすぎたわけでもない、確かにソフトケースには入れていたけれども、他の万年筆に異常は一切無いので、強い衝撃が加わった可能性は殆ど無い。猫がピンポイントで踏んだとか、でもうちのはもうそんなにデブじゃない……

いくら考えても原因が分からない。自分で何かやらかして壊れたんなら諦めもつくかむも知れんが、怪奇現象ではなああああ……とりあえずすぐにハードケースにしまったけれども、今は修理を受け付けてくれるところも滅多にないし、中古で買ってるから保証書もアウト、と言うか軸交換とかいくらかかるんだよ……まだインクは入れてないので本当に漏れるかどうかは分からないけれども、まあ、多分、漏れるんでしょうね触ってみたら亀裂の感触がありましたし。

なんかしょんぼりしてしまった。万年筆ひとつ管理できない自分に絶望した!



IMG_4195.JPG
あ、モンブランのトワイライトは順調に緑化しています。
IMG_3812.JPG
暑すぎて引きこもっているので、先日洗浄した万年筆にインクを入れてみた。

左から、モンブランの149、146(テレスコープ)、146(80年代くらい)、#14、DELTAのドルチェビータ・ソワレ、大橋堂の津軽塗、パイロットのキャップレス(旧モデル)、ペリカンのM1000、DELTAのソラリス、となっております。

テレスコープは書き味が一番好みなのはもちろんのこと、ドライアップとコルク痩せが怖いので、常にインク(或いは水)を入れている。字幅も好みだし、持ってる中で一番好きかもしれないレベル。でも古いし今はあんまり修理を受け付けてくれるところもないからgkbrで使っているのが現実です。

あと、大橋堂はうっかりインクを入れているのを忘れていて危うくドライアップさせてしまうところだったので反省して洗浄→吸入をやり直しました。先日何かのテレビ番組で津軽塗の鉛筆が紹介されていたけれど、やっぱりこの津軽塗は禍々しくて最高です。この触ったら呪いが感染しそうな色合いと不安をかき立てる様な模様が堪りません(褒めています)

今調べて気付いたんだけど、ソワレって生産中止になってたのか……ミディアムサイズがなくなったというのは聞いてた様な気がしたけれども、まさかソワレ自体なくなっていたとはな……控えめな地味派手さが好きだったのに。オーロよりもまずブラックだろうが……っ! イタリア人は何にも分かってない……こんなに綺麗なのに……

ソラリスは初めて買って貰った万年筆って事で思い入れがあるので、インクは常に入れて持ち歩いている。カートリッジしか使えないので、最近はエルバンのナイトブルーを入れているが、これがいい色なのでボトルも買ったんだけれど、結局カートリッジの方が便利でそっちばっかり使ってる。コスパ? 何それおいしいの? 一応、詰め替えることを考えて空のカートリッジとってあるけど、多分使わないと思う。

あとM1000。最近何故か私の中で空前のM1000ブームが来てる。ウォーターマンのブルーブラックとの相性が最高、と言うかもうこれしか入れてない。以前はキャップを尻軸につけて書いてたんだけど、本体だけで書いてみたらなんか目が覚めた。あ、いくらリアヘビーが好きだからと言って無闇にキャップつければいいってもんじゃないな、って……

もともと、柔らかめの書き味が好きなのもあるけど、M1000がいきなり歩み寄ってきた感じがする。金ペン堂で買ったペンってだいたいそうなる。最初はうーん、やっぱビンテージの方がいいな、とか、やっぱフルハルターすげえな、とか思うんだけど、それでも長年使ってると、なんか「きたな」って思う瞬間が来る。その瞬間から改めて吹き出す愛着がすごいんだよね……まあ、それは金ペン堂に限らず、ペン先調整なしで買ったペン全部に言えることかもしれないけど、なんか「あーそう言えばこれ金ペン堂で買ったんだっけ」ってなる瞬間が結構好き。

IMG_3815.JPG
天冠も並べすぎると蓮コラみたいでちょっと気持ち悪いですね。いや撮り方が悪いんだろうけれども。しかしこうやって眺めてみると黒軸ばっかりだな。オレンジの方のドルチェビータでも混ぜればよかったか。元々地味派手が好きなんだろうな、私は……気がつくとこんなのばっかり買っている。

IMG_3822.JPG
しかしビンテージモンブランのホワイトスターはかわいいですね、と言うことで悪のりしてやってみた。ひびが入っているのもまた愛らしい。特に一番大きなセーフティ(左から3番目)のホワイトスターはカゼインって事で、小さい傷なら自己修復する筈なんだけど、外側の方はもうひびにインクが染みこんじゃって駄目ですね。このままの方がかっこいいからいいんですけれども。

IMG_3817.JPG
インクも見事にかぶってる……最近は、日本橋丸善とかに行ってボトルがたくさん並んでいるのを見ても、よし買うか! って気分にならない。冒険しなくなった。というか、まあ、家に帰ればボトルがごろごろしてるんで自重してるのもあるんですけれどもね……

最近はDiamineのブルーブラックがお気に入りであります。でかいボトルの輸入が待たれる。後は、ソワレに入れてる同じくDiamineのトワイライトもいい。独特の青緑な感じ(乾いたらほとんど緑)が、なんか夏っぽくていいな、って……まあ一年中入れてるけど……

しかし、黒軸にブルーブラック系のインクばっかり入れて、なんか面白みがないな……ここは夏らしくターコイズでも入れてみるべきか。モンブランのターコイズが好きだったのに生産中止しやがって……アイリッシュグリーンだって嫌いじゃないけど、もっと他に復活させなきゃいけないインク、あるでしょう……?


最近あんまり触ってなかったけれども、やっぱりにやにやしながら家で一人で万年筆をいじっているのは楽しいですね。この気候でインクが腐っていないといいが……



PAGE TOP