IMG_7097.JPG
すぐ人様に影響される……インスタで拝見してかっこよかったので早速買ってしまったマルマンのGlyphy

ハードカバーで、サイズはB6変形(正方形に近い)とA6変形。私の好きな糸かがり綴じじゃないけど、真ん中辺りのページでもまあまあ筆記に問題ないくらいには開く。

IMG_7096.JPG
紙は全部で4種類あって、私が買ったのはアンチークレイド紙という、高級クロッキー用紙のやつ。他にも横罫線と方眼、画用紙があったけど、そもそも滑らかな紙って好きじゃないし、画用紙って……もしかしてマルマンの例の黄色と黒の奴と同じのじゃないの……と思ってクロッキー用紙にした。

紙はとても黄色く、レイド入りで確かに高級感ある。そして、裏表で感触が全然違う。ノートを開いたときに向かって左側(裏)がつるつるで、右側(面)がざらざら。つるつる側は鉛筆以外は全て滲むんじゃないかってくらいの滲みっぷり。いっそ清々しいほど。でも不思議と、ヴァーディグリースですら裏抜けしない。
逆に右側はインクの滲みはそれ程でもないけど、結構裏抜けする。その辺の理屈がよく分からないけど、兎に角、万年筆で普通にノートとして使おうと思ったら絶対これは選ばないw

IMG_7099.JPG
裏抜け(右側)まあ気になるほどではない。だってクロッキー用紙だもん。クロッキー用紙ってこういうものだもの。

IMG_7118.JPG
一番好きな猫漫画は伊藤潤二先生の「よん&むー」ですぞ、と言うことで模写を。確かに鉛筆で書くとざらざらしてて楽しいわね……そう言う用途で作られたノートなのだもの。

まあ、こうやって鉛筆で落書きするにはちょっと値段高いかな。かといって万年筆で使えるノートの代わりにするには滲みがすごいのと、右側ページのざらざら感でペンポイントがごりごり削られていくような気がして怖い……他の紙とかだったらいいのかな。画用紙は画用紙だしなあ。ノートの隅っこに、『ボールペンや万年筆をご使用の場合、インクがにじむ場合があります』ってちゃんと書いてあるし。親切……

でも、このサイズ感がとてもいい。最近B6っていいよね……とか思ってる。あれほどA5サイズのノートにこだわってたのに、好みって変わるものだなあ。
ちなみに、A5サイズで180度ぱたんと開いて、ハードカバーで、万年筆でも滲まなくて裏抜けもしないっていうすごいノートと言えば、キャンソンのアートブック180°(マグネット式)とアートブック UNIVERSAL(ゴムバンド)デスヨネ。スケッチ用紙なので無地しかないけど、意外とノートジプシーの方々におかれましてはノーマークに近かったんじゃないでしょうか。いや、私が知らなかっただけか……とにかくこれ、滲み裏抜け開きの面では結構理想的な感じじゃないのかな……紙はざらざらしてるけど……モレスキンライク? 的な? 雑に扱ってるけど、背割れもしないし(180度の方に至っては和綴じノートみたいに割れる背がない)高級感はないけど、気がついたらもう何冊か使ってた。文字を書く用途じゃないかも知れないけど最近のお気に入りです。

文字だったら、MDコットンのノートが最近のマイブームだもん……


 






IMG_6977.JPG
文房具は仲間を呼ぶから仕方ないと思うんだけど……芯ホルダー増えました★

種類としては、丸ペンと、カブラペン・Gペン・スクールペンを挿す為に3.2mmと5.6mmの二種類を誂えました。丸ペンだけ3.2mm、あとは全部5.6mmで共有できると聞いたので。普通のペン軸は木製とかで大分軽いので、まあその分疲労感とか軽減されるのかなと思うけど、万年筆で慣れた手にはちょっと重め・リアヘビーの方がしっくりくるので、ほぼ金属軸で揃えてみた。

5.6mmのコヒノールは最初緑の方だけ買ったのだけど、実はこれ、ノック式とドロップ式の二種類が存在している。ノック式は、普通のシャーペンみたいに尻軸をノックして一定の長さだけ芯を出せるもの。ドロップ式は、ペン先の方に爪? みたいな奴がついてて、尻軸をノックするとそれががばっと開いて芯が落ちてくるから好きなところでホールドするタイプ。伝わるでしょうか。

ノック式(型番:5640)の方は口に余裕がないのでペン先をねじ込む必要があるんだけど、なにせ遊びが少ない。カブラペンとGペンしかささらなかった。しかも挿したらそう簡単には抜けない。その分確実にがっちりホールドしてくれてぐらつきなんかは一切ないのだけど、抜くのにも一苦労でなんかぐにぐにしてる間にペンポイントがずれそうで怖い。ので、挿したら使えなくなるまで挿しっぱなしにするしかない。

その点、買い直したドロップ式(型番:5340)は爪を開けばカブラペンでもGペンペンでもちょっと細めのスクールペンでも何でも挿せる。そして、爪がぎゅっと掴むので、割とぐらつかない。ノック式に比べて微妙に動くかな? と思うけど、爪とペン先の一を微調整すれば全く問題なし。尻軸をがしょん、と押したらペン先が外れるので交換もスムーズ。なにより、何か映画でよくある、オートマチックの拳銃のマガジンを交換するみたいでかっこいいですよ。今でも中二病全開で生きています。

芯ホルダーとして使うならノック式でもドロップ式でもどっちも便利だけど、ペン軸代わりにするならドロップ式の方がおすすめかな……割と応用が利くし……ペン軸にペン先挿したままにしとくと手に刺さって危ないし(経験済み)(傷口が治っても皮膚の中にインクが残ります)(中学の時に刺したのがまだ残ってる)

コヒノールの3.15mmのやつ(型番:5358)は、表面がつるつるしててちょっと滑る。5.6mmの方も根元は滑るんだけど、個人的な好みとして、金属表面はちょっとざらついてるくらいのが気持ちいい。

その他、万年筆は一度も買ったことないのにKAWEGOとか買っちゃった。3.2mmのプラスチック軸(クラシックスポーツ)5.6mmの真鍮軸(スケッチアップ)

これはどちらも蓋を開けた時にうわあ短いな失敗したなネットで買い物って怖いわあ、って思ったんだけど、持ってみたら全然違和感なかった。むしろ短さ故に手のひらの中で安定してる感じ。でもスポーツの方はプラスチック軸でちょっと軽すぎるけれども。そこで極端に一番重たいであろう真鍮軸を買っちゃうところが文房具マニアの悲しい性だけど。結局長時間使うには軽い方が疲れないのか自重だけで動かせる重い軸の方が疲れないのか、結論はまだ出ないけれども多分どっちも疲れる。手首痛いもの。

あとはLAMYのスクリブル。最初に買った芯ホルダーだけど、結局これが一番バランスよかった気がする。5.6mmあったらこれもう一本買ってたかも知れない。よかった存在しなくて。

IMG_6978.JPG
ペン先を装着してみたものがこちら。違和感ないですね! ないと思うよ多分。でも同時に色んなペン先は使わないので、こんなに買い集める必要なかったんじゃないの……とは思うけど、まあそこはマニアの悲しさと業の深さ。コヒノールのドロップ式とノック式の違いにご注目ください。

IMG_6979.JPG
文字を書いてみる。万年筆でよく「引っかかりがない」「滑らか」ってあるけど、こっちはそんなレベルで話してないから……ひっかかって、髪の表面を削り取って切り割りに紙の繊維と猫毛が挟まってなんぼってレベルだから……スイートスポット探すの大変だからむしろ探さない。1枚絵を仕上げるうちにペンポイントが摩耗して細い線なんかかひけなくなる消耗品ですので。丸ペンとかあからさまに線幅変わるもの。万年筆ってほんと凄い。使い捨てじゃないんだもの。コスパ最強じゃない?(149を見ながら)

IMG_6980.JPG
長さ比較。KAWECOの短さが目立ちますね。使いにくいほど短いだろうと思うけれども持ってみるとやっぱりよく考えられた長さと太さ、重さなんだなあと思います。LAMYのスクリブルも短いけど、逆にコヒノールのこの長さ、尻軸に振り回される感がないとは言えないような気持ちになってくる……中に金属の部品とかバネとか入ってるから余計に重たいんだろうな。

ちなみに写真が全部この角度なのは、デスクライトとの位置関係の所為なので代わり映えのしない構図ですいません。あと、いくら道具を揃えても上手くなるわけじゃないんだよね……分かってる……だってその理論で言ったら、私、今すげえ達筆になってるはずだもの(149を見ながら)

IMG_6993.JPG
それにしたって、持ちやすいペン軸は山ほどあるから、普通にペン軸使ったらいいと思いました。安いし。タチカワのキャップのついてる奴がおすすめ。何故ならペン立てに入れておいても安全だから。



IMG_6804.JPG
世界堂界隈をうろうろしてたんだけれども、ガチの文房具を買うのは久し振り……かと思ったけどそうでもなかった。

IMG_6805.JPG
今回は万年筆ではなく、芯ホルダー? ペンシル? とにかくLAMYのスクリブルでした。

握ってみると、ちょっと短いかなとも思うけど、適度な重さがあってたいへんよろしい。ボディも滑り止め的なざらざら感があるし……さすが「落書き」という名を冠するだけあって、落書きしやすそう……前々から思ってたんだよね……クロッキー帳とかで一人ブレインストーミングするときとか、4Bくらいの濃いめ・柔らかめの芯で書き殴るのがいいって……

IMG_6806.JPG
芯の太さは3.15mm。デフォルトでついてた芯は多分4Bかな……柔らかくて書きやすそうだった。すぐ抜いたけど……

IMG_6807.JPG
なぜならばこういう使い方をしたかったからです。刺さってるのは、ブラウゼの丸ペン。ドイツ製ってことで、どうも国産の丸ペンよりは柔らかい感じがする。強弱の付き方が半端ねえ。しかし、普通のペン軸にはちょっと細すぎて嵌らないのでどうしたものかと思っていたら、なんか3mmくらいの芯ホルダーを丸ペン軸にして使う、って技を知りまして……そりゃあ、文房具マニアとしてはやってみたくなるじゃないですか……ペン軸ってどれも軽いし、まあその分疲れにくいんだろうけど、どちらかと言えばリアヘビーな重めの方が好みだし……

今のところ、全くぐらつきはなし。試し書き状態だけど快適に書けているような気がする。書き味としては、まあビンテージの小型万年筆に近いかな……金属薄いし、ペン芯がないからちょっと心許ないけれども。ビンテージモンブランからコシが失われたような感じ。ペンポイントは多少の引っかかりはあるものの、そもそも暫く使ってればすぐに摩耗するからな……まあ、文字を書く用途ではないので比較しても意味ねえな……

しかし、購入の言訳を考えるのはほんと天才的に上手い。この才能を他に活かしたい。そして、Gペンとか丸ペンとかは5.6mmの芯ホルダーをちょっと改造すれば使えるっていう知識を更に仕入れてしまって、どう言うジャンルに行ってもマニア魂って変わらないんだな……と思いました。



PAGE TOP