IMG_9659.JPG
#3776の超極細(UEF)と色々字幅を比べてみた。プレピーの極細(02)プレラの色彩逢い細字と、あとはコピックマルチライナーとかステッドラーのピグメントライナーとかファーバーカステルのアーティストペンとかなんとか。

紙はMOLESKINEのスケッチブック

万年筆の2本目の線は裏書きした奴。結果、大体#3776の超極細は、マルチライナーの0.1と同じくらいの幅かなあ……プレピーのEFよりプレラのFの方がやっぱり細い。しゃばしゃば系インクの代表格(だと信じてる)ヴァーディグリース入れてる大橋堂がなにげにすごい。これに顔料インク入れたら色々捗りそうだけど何となく怖いので躊躇している。ドライアップとか大丈夫なのかなあ……実験してみるにはちょっと値段が高すぎるんだよねw

#3776のフローも一日おいてみて、それ程悪くないかな、と思い直した。吸い込みの強い紙だとちょっと目立つけど、トモエリバーとかつるつる系だと丁度いい感じ。それにしても、これで文字を書くといらいらするw めっちゃ太字の万年筆で書き殴りたい衝動に駆られる……



スポンサーサイト

2017.10.01 Sunday 20:19 | - | - | - | -

Comments

Comment Form Area

Name:
Mail:
URL:
Words:
   

TrackBack URL

Trackback

PAGE TOP