スポンサーサイト

2017.02.06 Monday | - | - | - | -

一定期間更新がないため広告を表示しています

IMG_0929.JPG
同じプラチナのカーボンインクを入れたセンチュリーのブルゴーニュ《シャルトルブルー(使ってるのはカートリッジの方だけど。

結局、ローラー&クライナーのドキュメントインク(ブラック)から入れ替えた所、1画目にインクが出ないという症状も改善し、むしろぬるぬる出るようになって、え、これってUEF……だよ……ね……? みたいな感じになった。プラチナのカーボンインクに比べて、R&Kはフローが渋めということなのか。同じシリーズのブラウンはそんなことないのになあ。ちなみにこのブラウンは赤味があんまりなくて、黄緑寄りで私の好きなタイプのセピアなのでお気に入りです。

こうなってくると、なんで同じ字幅で同じ万年筆を2本買ったのかわからなくなる。むしろこの字幅ならEFとかでも良かったんじゃないか……とか色々考えるのだけれども、これは素人自己調整の弊害というか、まあなるべくしてなったんだからいいとして、これ、文字を書くにはとても気持ちのいい細字ペンになりましたよ(負け惜しみ)? もっと細い線が引きたくて超極細を買ったんだけど、まあ、大分線が太って当初の目的とはかけ離れてしまいましたけれども……

ちなみに、この2本、字幅はほぼ一緒だけど書き味は違う。ブルゴーニュのほうがカリカリで、シャルトルブルーはヌルヌルしてる。それは多分……インク溝を掘りすぎたせいで……でもイリジウムの大きさが違うわけでもなし、プラチナのUEFの変態的な細さって、やっぱりインクフローを絞り気味にすることである程度実現されているのかもしれない。これはたしかに私には向いてないわwwwつゆだく好きだものwww
けれども、現状、実は大変満足しております。筆圧を調整してなんとなく細い線が引けるようにもなってきたし、文字を書くのにはいい感じのフローだし。ほかの万年筆にはないカリカリした感じも変化があって面白い。極細線が引きたい時はマルチライナーとかつけペンとか使うんだけど、書き味がぜんぜん違うから結局万年筆に戻ってくる感じ。

今回はやってよかったと思うけど、もう二度とやらないぞ(決意)




 


昨日、豊岡クラフトのペントレイをニヤニヤしながら眺めてたら気がついたんだけど、2016年の限定サファリが紫(ライラック)で、限定含めると6色全部揃ったのになんでLAMYはおそ松さんとコラボしないの?

IMG_0891.JPG
ちなみにうちにはこれしかなかったw (最近のほぼ日手帳は、猫のうんこの状態を記録するノートと化しています)(書き込むべき予定が皆無なので落書き帳として活躍中)(だったらもういっそ普通のノートでいんじゃね、と思い始めた今日このごろです)

セーラーが文豪ストレイドッグスのコラボ万年筆出したし、プラチナも出雲シリーズで刀剣乱舞(ry まあ文豪ストレイドッグスは太宰治だけじゃなくて他も全員文豪じゃねえのかよって突っ込みたいけどそもそもあれは文豪本人じゃなくて文豪を擬人化している(らしい)ので誰一人小説書いてなくてもセーフなんじゃないかとか人間を擬人化ってどういう事だよ猫に猫耳つけるようなもんかよとか色々思うところはあるけれどもモンブランはそろそろ作家シリーズでラヴクラフトを出したらいい。ペン先はヨグ=ソトースで(多分蛸足系の触手)! ボディは黒地に赤いラインがいいです(輝くトラペゾヘドロン的な意味で。箱はもちろん金属な!)(ホワイトスターが五芒星になってたら多分買う)ちなみに刀剣乱舞のことはハマっている姪っ子に聞いただけなので詳しいことは何も知らないのですまんな。



……6色セット18,000円くらいならほしいかもよ? ただボディにイラストなどを入れるのはやめていただきたい。バレるので。箱とかにひっそりシルエットとかで入れてくれたらそれでいいです。箱もとっておきますから。シャー芯出すなら万年筆出してもいいでしょ!

まあでも、LAMYは一応ドイツだから無理だろうとも思うので、いっそプレラの色彩逢いとかで出さねえかな。インナーキャップにシルエットでも印刷して……と思ったら、紫以外は普通にあるな……まあ、赤・青・緑・紫・黄・ピンクって、やりだしたら戦隊モノとかなんでもコラボできる色だもんね。時期的には、やるならタイミング的には去年だったと思うけど……。でもやっぱサファリがいいなあ。特別書き味が好きとかそういうのはないけど(鉛筆っぽくてあれはあれで好き)並べておきたい色と形してるんだよな。文房具屋行くとつい見ちゃう。色が違うだけで全部同じだってことはわかってるんだけど(と、シャルトルブルーとブルゴーニュを見比べながら)



IMG_0747.JPG
< 前回までのあらすじ >
#3776センチュリーのシャルトルブルーブルゴーニュ(どちらも字幅は超極細)のフローが渋くて文字が書けない! でも調整に持ってく前にやれることはやってみることにした。

素人の浅知恵調整ダメ絶対。メーカー修理できなくなるし失敗すると取り返しがつかなくなるので、やるなら自己責任だけど本当はやらずにメーカーかペンクリニックかプロに頼むのが一番です。良い子はぜったい真似しちゃ駄目だよ!(特に最後の方)

< 症状 >
・原稿用紙1枚分くらい書いてると(体感)インクが掠れてくる
・ペン先を水に浸けても微妙

< 考えられる原因 >
・ペン芯にあるインクを使い切ると書けなくなるっぽい
・ペン先の切り割りが詰まってる
・ペン芯の溝にインクが流れてない
・ペン先に繊維滓が詰まってる

書き出しは快調(というほどでもないがまあ書ける)なので、多分原因は上記のどれかだろうと推測。とりあえずシャルトルブルーの方で切り割りを掃除してみることにする。大昔に買ったラッピングフィルム(#15000)で切り割りの中をスリスリしたが、ペン先が削れちゃうからやりたくなかった。他にツールがなかったので仕方なくだけど、今思えばフィルム付箋とか使えばよかった。回避できる危険は回避した方がいいよね。素人だし。

でもスリスリしても症状は全く改善しなかったので、今度はペン芯を引っこ抜いてみた。インク溝を掃除してみるも別に滓は詰まっていない。この辺からだんだん調子に乗ってきて、カッターで溝を掘り始めてしまった。ここがポイント・オブ・ノーリターン。何度か刃先でなぞってるうちに、なんか黒い繊維状のものがチョロっと出てきた。やばいペン芯削っちゃった。溝が広がってるよやべえええええええええ、って焦って、とりあえずインクを拭いてペン先をセットして首軸に戻したら、案の定と言うかフローは劇的に改善してたんだけど、今度はペン先が引っかかってペチペチ鳴っている……ルーペ(10倍しかなかった)で見たら、ちょっとペンポイントが上下にずれていた。もう一回引っこ抜いて、ペン先だけ見たらちゃんと揃ってるのでペン芯とのセッティング位置が悪いのだろうと思って、はめ直したら今度はちゃんと揃った(多分)

そりゃあねえ、インク溝掘ったらフローは改善しますよ川幅が広がるようなもんだもん。でもフローが多すぎてもペンポイントの方で受け止められないかもしれないし、これはマジで紙一重だった。偶然うまく行っただけだと思う。カッターマジヤバイ。ペン芯はプラスチックだもの。めっちゃ焦ったwww まあ結果オーライではあるけれど、溝掘り過ぎた時には「あ、もうこれはシャルトルブルーと心中したな」って思いました。まあ心中するつもりでカッターは使ったんだけど……

その反省を踏まえて隙間ゲージ買ったけど後の祭りと言えば後の祭り……でも隙間ゲージ超便利。0.04mmとかをハート穴からさし仕込んでスリスリする。先に買っとけばよかったよチクショウ……てわけで、ついでにルーペも買った。10倍だと極細のペンポイントは見づらいので30倍を。これでペンポイントのズレを最終チェックする予定(まだ届いてない)

IMG_0858.JPG
で、それを踏まえてシャルトルブルーで書いてみた。記事冒頭の写真に比べて筆記線が太く、濃くなっているのがお分かりいただけるだろうか。まあインクもプラチナのカーボンインクからローラー&クライナーのドキュメントインクに変えてるけど。R&Kのインクに変えてから(素人調整前から)書き出しの1画目がかすれる現象は続いてるんだけど、これはインクのせいなのか今回の適当調整のせいなのか私の筆記角度のせいなのかまだ原因が特定できていないので対応は保留中。インクが馴染むか、使い込んでペンポイントがいい感じになったら解消されるかもしれないし。段差とかなかったらまあいいや。

とりあえず現状、途中でインクがかすれることはなくなった。フローも増えて書き心地も大分万年筆っぽく、サリサリな感じにはなってきたし。今思うと、以前はガリガリ、って感じだったなあ。これが超極細ってものかなあと思ってたけど。

IMG_0860.JPG
そんで次。ブルゴーニュ。こちらもシャルトルブルーと同様の現象が起きていた。けれども一度メーカー修理に出してオーバーホールしてもらってるし、切り割りにカスが詰まってるとかそういうわけではないらしい。とりあえず首軸抜いてみるか、と思ったら全然抜けない。修理前はあんなに簡単にすっぽ抜けたくせにwwwさすがメーカー修理wwwwと思ったけど、いくら首がゆるいのを直してもらったってインクが出なきゃしょうがないのよ、とやけになって引っ張ったら、1mmくらい出てきた。

わかりにくいけど、上の写真で、首軸付近でインクが黒く付着しているのが今回引っ張り出した部分。これ以上はどうしても抜けなくて、ペン芯のフィンが折れんばかりの勢いだったのでここで断念。押しても戻らないのでそのままの位置で書いてみたら、まあなんと、劇的にフローが改善しているじゃありませんか!

IMG_0859.JPG
処置前・処置後。なにこれこわい。何もしてないのに。

あとで比べてみたら、現在の状態でシャルトルブルーとペン先の長さが同じだった。推測でしかないけど、ペン芯突っ込み過ぎだったんじゃないの……? それでインクの流れが阻害されてたんじゃないの……?

とにかく、なんかこの位置がベストポジションな気がする。書いてる途中のかすれもなくなったし、まあ、よくわからないけど結果オーライということで。なんだこれ。



このようにして、心中覚悟の素人ペン先調整は一旦の幕を下ろしたわけですけれども、今思い返すとホント紙一重でやばいシーンがたくさんあった。やはり素人の浅知恵調整ダメ絶対。そもそも、細い線が書きたくて超極細を選んだのに、フロー良くなったせいで細い線引けなくなってるからね。いま、大橋堂の極細とだいたい同じくらいの字幅だからね。書きやすくなったけど、書きやすさを得て超極細の個性を殺した感じがする。まあそれほどまでに細い線が引きたいなら、そこだけマルチライナー使えばいいじゃん、って話なんですけど。万年筆に何を求めるかよね。私の場合、結局、書きやすさ>>>(越えられない壁)>>>極細線、で落ち着いてしまったからもう仕方ない。

あと最後から二番目の武器としてDe Atramentisのドキュメントインク、個人輸入して到着待ちなんだけど、これをシャルトルブルーに入れて1画目インクがかすれるかどうかテストしようとは思ってる。1画目のかすれは、R&Kを別の万年筆(プレラ)に入れたときにも発生しているからその検証実験でもある。最後の武器は調整に出す。最悪3月の中屋のイベントに行くかと思っていたが(行ったら絶対シガーロングのペン先を交換してしまうだろうし)素人が適当にいじった尻拭いなどさせては申し訳ないからなるべくなら出したくない。このままなんとか使っていきたい、そう思う所存です。

でも、今回はペン芯が抜けやすいと評判のセンチュリーだからこそ出来た技であって、モンブランとかペリカンとかデルタとかだったら絶対やらないし出来ない(前科者)中屋でも無理だな……そもそも中屋はいじらずに速攻で調整を依頼するよ……。そう考えると、大橋堂が毎年くれる葉書のなんとありがたいことよ。餅は餅屋、自分、不器用ですからラッピングフィルムは再び引き出しの奥深くにしまいこんでおきました。



IMG_0835.JPG

撮影用に眠っていた万年筆も引っ張り出してきて並べてたら猫チェックが入った。


 


結局二つ買ってしまった。送料無料だからセーフだと思いたい。しかし、これはなかなか便利で良いです。下の段にモンブランの149を入れて重ねてもぶつからないくらいのスペースは確保されつつもかさばらないし。埃が気になればあとから付けられる専用のガラス製の蓋もあるしね……

やっぱり万年筆は並べてなんぼだな、と思った。ペンボックスに入れてしまいこんでおくとペン先もカビますしね……そろそろ全体的にメンテナンスが必要なのではないかと思い始めた今日このごろです。

それにしても、やはり俯瞰してみるとモンブランとDELTAが多い。その辺の好みは昔からずっと変わってない。始めてもらった万年筆がDELTAのソラリスで、三つ子の魂百まで、ってこのことか。その割に、最初の頃はモンブランの「万年筆っ!」ってフォルムが苦手だったけど、今となってはホワイトスターかわいいれす(^q^)
字幅の好みも中字〜太字〜細字〜と微妙に変化してきているし、まあ今は気分で使い分ければなんでもいいと思ってるけど、思えば遠くへ来たものですねえ。金ペン堂でドルチェビータのソワレを買ったのが2007年とか……10年前……だと……? ちなみにソラリスはそのもっと前だからもう思い出したくもない。うわあ、時間の流れまじ怖い。そしてまるで成長していない自分に気づいて、あ、意外と人として軸がぶれていないな、と思い直した次第です。



IMG_9699.JPG
#3776 センチュリーのブルゴーニュの洗浄をしていたら、なんかペン先ががたがたするなあと思ってちょっと力を入れたらペン芯が引っこ抜けてしまった。じゃあついでにペン芯も綺麗に洗っちゃおうかなあ、とか、シャルトルブルーとくらべてペン芯のセット位置が微妙に違うしいい感じの位置に直してみるか、とか思ったけどなんかおかしい。簡単に抜けすぎる。シャルトルブルーの方も試してみたけどこっちは抜けない。あれ、大丈夫かこれ?

まあメンテしやすいっちゃあし易いからな……と、そのままペン芯をはめ込んでカートリッジさしたら、なんかペン先から厭な音がした。ギシッ、って、なんか歪む音が。
まあまあ、プラチナのカートリッジって金属球が入ってるし口がきついしね、しょうがないよね。と、使い始めたら、最初は掠れもせず引けていた線が、段々と微妙な感じになってくる。たまにペン芯がぎしっていう。ペン芯側をぐっと押すと、ぺち、って音がしてフローが戻ってくる。

よもやと思って調べてみたら、なんか価格.comとか知恵袋とかで同じ現象に見舞われている人が……不良ロットに当たったのかなあ。でもゆるいとは言えするっと抜けるってほどでもないし不良品ってほどかなあ、と逡巡していたのだけれども、日本橋丸善(購入店)に電話してみたら、とりあえず持ってきてくれたら……みたいな話になったので、ちょうど年末休みだったのでその足で日本橋へ。
結果、預かり修理になって、3週間くらいで、首軸の白い部品の当たりとペン芯を交換してもらって帰ってきた。ペン先まで交換されてたらどうしようかと思ってたけど、流石にそれはなかった(と思う) あれだけ悩んで選んだからなww

IMG_0750.JPG
#3776 センチュリーのブルゴーニュシャルトルブルー。並べるとキレイ……とニヤニヤしている。青い万年筆ってそう言えば持ってなかったし、赤系もモンブランのコーラルレッドだけだから、なにげに珍しくて眺めちゃう。なんかゼリーみたいで美味しそう。ちなみにゼリーはゼリエース(イチゴ味)をちょっと固めに作ったやつがいちばん好きです。ブルゴーニュは、酒の飲めない私の中ではワインというよりゼリエースの色なのです。

IMG_9705.JPG
どちらもペン先は超極細(UEF)だけど、なんとなくシャルトルブルーのほうが微妙に線が太い気がしている。購入時はブルゴーニュの字幅が大分細かったんだけど、部品交換と全体のオーバーホールをしてもらって戻ってきた今、ちょっとフローが良くなって差があんまりなくなった。

それにしても超極細、たしかにチョー細いから、原稿用紙にと言うよりは手帳なんかに小さい文字をちまちま書くのに向いている。特にほぼ日のトモエリバーはインクの吸収も遅いし相性は抜群であるなあと思います。とは言え、アピカのプレミアムC.Dノートブックこと紳士なノート(クリーム上質紙)とかに書いても引っかかるわけでもなく、かと言ってつるつる滑るわけでもなく、ちょうどいい感触で書けるのですごい。プラチナのカーボンインクじゃなくて他の顔料じゃないインク入れたらもっと気持ちよく書けるんじゃないかなあ。いずれどちらか一方、顔料じゃないブルーブラックとか入れてみたいかもしれない。

IMG_0747.JPG
書き比べてみてもやっぱり違いはあんまりわからなかった。そして特筆すべきは大橋堂万年筆の極細の細さよ。これ、インクはフローさらっさらと私の中で定評のあるローラー&クライナーのヴァーディグリースなのですぞ。つまりはセーラーの極細すごい、ってことです。何度かメンテナンスしてもらってるけどフローもよく掠れもしない、なのに安定したこの細さ。

最近、万年筆熱が再燃しちゃってどうしようかと思ってる。今日は20時〜21時で豊岡クラフトのペントレイ(2個め)が届くので早く帰ります(ニヤニヤしながら)



IMG_0717.JPG
今まではNAGASAWA PenStyleの10本差しロールペンケースマッジョーレのやつ(6本用)とかフルハルターのQuartetとかに分散して引き出しに入れてたんだけど、最近万年筆を持ち歩くこともないし、ここらで綺麗に並べましょうかと富岡クラフトの15本用ペントレーを買いました。


 



サイズも測らず適当に買ったけど、机の引き出しに丁度フィットしていい感じ。綺麗にディスプレイするのにも憧れるけど、我が家には破壊神×4が常に降臨なすっているので出しっぱなしは超危険。なので別売りのガラス製の蓋は買わなかった。どうせ引き出しの中だから埃も積もらないだろうしね。でも並べてみたらスペースが足りなかったので急遽もう一個買い足した。これは割りと厚みもなく、シンプルな作りでかさばらないし、重ねてどんどん増やしていけるのでとても便利だと思う。いや万年筆を増やすという意味ではなく。今度増えるけど今年の購入枠はそれでお終いですしおすし。

しかし並べてみると、モンブラン大好きだな私。あと多分オレンジとか赤が好き。この写真撮った後、ほかのペンケースに入れてたドルチェビータのソワレとかソラリスとか146とか発見して、慌ててケースを買い足したわけでございます。あとちょっと余裕がないとペン同士がぶつかって(以下略

ちなみにこの他にも、ペンボックスに入れてしまってある万年筆が何本か。不思議なのは、ペリスケのMが何処を探しても見つからないこと。Fはちゃんとあるんだけどな。どっかの現場に忘れてきたのかなあ。それか引っ越しのどさくさで何処かに紛れたか……もう1年以上探してるけど見つからない。しょんぼり。

IMG_0718.JPG
他に、今インクを入れてる一軍は机の上に放置してるペンケースに入れている。つくしペンケースに似てるけれども違います。もともとプラスチックのツールボックスにごそっと突っ込んでたんだけど、シャルトルブルーとブルゴーニュ買ったら傷つけるのが嫌でなんかないかなと探してて、どうせならフラットに開くやつが使いやすいけどつくしペンケースどこでも売り切れだったんで似たのを探したらサンスターからムーミンのやつが出ててラッキー。モレスキンとwebnotebookとロイヒトトゥルムみたいだけど気にしないよ。猫毛がめっちゃつくけど。

LIHIT LABのブックタイプのペンケースも買ってみたんだけど、なんかナイロンのシャリシャリした手触りが好きじゃないので放置してる。なんとなくリネンのほうが万年筆に傷がつきにくそう。でも中身はたくさんはいるし、消しゴム入れるポケットとかたくさんついて機能的。
チャンスが有れば本家つくしペンケースも買ってみようと思ったほど、このそれこそモレスキンのごとく180度パタンと開くペンケースは使いやすい。じゃあロールペンケースでいいじゃん、って思ったんだけど、これ安かったんだよね……あっでもペントレー買ったからマッジョーレのロールペンケース空になったんだった! あれ、じゃあ万年筆はそっちに入れたらいいじゃん……あれ……?

(気を取り直して)左から、中屋万年筆(シガーロング黒溜)、#3776 シャルトルブルーブルゴーニュ、大橋堂(梨地)、大橋堂(緑)。蓋を閉める旅に「傷がつかないといいなあ」と思ってるので、そのうち間にハンケチーフでもはさもうかな。眼鏡拭きとか。実用品だしそんなに神経質になることもないと思うけど。

なんか最近、中屋万年筆のすべすべした感触が好きすぎる。昨日は書物の途中でシガーロングを握りしめたまま寝てた。キャップは閉めていたのが最後の理性か。大橋堂の漆もいいけど、シガーには凹凸がないし、クリップもないからシンプルでいいんだよねー……でもニブがミュージックだからそんなに出番が無いのが残念。いや太字からミュージックに変えてもらっといてなんだけど。字幅の好みって変わるから……



IMG_9684.JPG
シャルトルブルーが仲間を呼んだよ!

世界堂で迷った時点で厭な予感はしてたけど、結局こうなりました。主人からのクリスマスプレゼントですやったぜブルゴーニュ

しかも字幅も同じUEF(超極細)だって言うね……別のにしようと思ったけど、考えてみたら細字〜太字の万年筆、結構持ってるし……と、今回も文字を書かない前提で。

IMG_9685.JPG
今回は仕事終わりに主人と待ち合わせて日本橋丸善に出かけました。地下のあの売り場、大橋堂の葉書を握りしめてよく出かけていたけれど、まともに万年筆を買うのは久し振りすぎるかも知れん。相変わらずいい感じの照明でショーウインドウの向こうの万年筆がきらきらして見えるよね! 高級感というか、「ここで万年筆を買う」って行為自体に満足感が生じる雰囲気。

今回は「あんまり強弱を付けない線で細密画のようなものを書きたいので凄く細い線の引ける万年筆を探しています」と、モデルを限定せずに聞いてみた。最初に勧められたのはセーラーの細美研ぎだったけど、プラチナのカーボンインク使いたいって言ったら結局センチュリーがいいですよって事になった。他の顔料インクも、やっぱりちょっと……みたいな。

「セーラーだったら極黒とか」
「いや、極黒、あいつはだめだ」

試しに使ってみたんだけど、ちょっと耐水性が足りないんだよね極黒。青墨は凄いのになあ。ちなみにドクターヤンセンのドキュメントインクは日本橋丸善では取り扱いがないそうです。新しく出たブラックインク? の方はあったので、ついブラックグリーン? は買ってきちゃった。色見本を見た限り、モンブランのレーシンググリーンに近そうだった。これはセンチュリーが落ち着いたらにやにやしながらどれに入れるか考える。

それにしても、細美研ぎって凄いですね。5mmかな? 方眼の1マスに文字を書いた奴を見せて貰ったけど、ほんとミリペンの0.01に匹敵する細さ。しかも、購入するって決めないと試し書きも出来ない。そりゃそうだよね、あんな繊細なペン先、他人が何度も試し書きした奴なんか買えないわ……

IMG_9705.JPG
ってことで、ブルゴーニュのUEFが2本あったので、両方試し書きさせて貰った。これ、個体差すごい。同じ字幅なのに全然違う……これは通販危険ですわ。一応EF(極細)も1本試させて貰ったけど、書きやすさで言ったら断然EF。多分FとかSFとかはもっと凄いんだと思う。でも今回は字を書くためのものじゃないからね!

店頭でちょっと引くくらい悩んで、結局細い方に決めた。使ってるうちに段々馴染んで太くなってくるって聞いたし、シャルトルブルーも細いなあって思ったけど、なんかそれより細そうだったし。太い線が引きたければプレピーとプレラがあるじゃない、って私の中野理性さんが囁いた。

IMG_9706.JPG
満寿屋の原稿用紙に書いてみた。後ろ3行がシャルトルブルーで、前寄がブルゴーニュになります。こうやって見るとほとんど一緒だけど、書いてる感触は全然違う。シャルトルブルーの方がフローが良くてするする滑る感じ、ブルゴーニュはフロー絞り気味でかりかり感が強い。

結果、線の細さで言ったら ブルゴーニュ > シャルトルブルー という感じになった。

IMG_9707.JPG
自分で書いといてなんだけど写真ではよく分からんな……。

文字を書いていて気持ちいいのはシャルトルブルーだけど、細い線を引くならブルゴーニュ。ブルゴーニュはフロー絞り気味なので速く動かすとたまに掠れるけど、丁寧に線を引いたら細くて綺麗。ペンの自重だけで線を引いてフローを確かめる、って昔よくやってた奴、あれやっても線が途切れないし、「フローが悪い」じゃなくて「絞り気味」で、これはもうペンの個性の範疇っぽい。


こうなってくると、他の顔料インクも試してみたくなってくるが、ドクターヤンセンは入手が難しそうだし、あとは、ローラー&クライナーのドキュメントインク……? あっこれダークブルーもあるじゃん……全然ダークっぽくなさそうに見えるが……

万年筆売り場の方に伺ったところ、やっぱりプラチナカーボンは最強だけどフローが渋めだそうで(ほかの染料インクと比べてなのか極黒と比べてなのかは聞き損ねたが)他の顔料系も試してみたいと思っている今日この頃です。



追記
細密画を、って言っちゃったので辻褄を合わせるためにやりました。ペン先慣しもかねて。
クリスマスの予定? ありませんけど何か(ry

@coacervate22が投稿した写真 -






IMG_9659.JPG
#3776の超極細(UEF)と色々字幅を比べてみた。プレピーの極細(02)プレラの色彩逢い細字と、あとはコピックマルチライナーとかステッドラーのピグメントライナーとかファーバーカステルのアーティストペンとかなんとか。

紙はMOLESKINEのスケッチブック

万年筆の2本目の線は裏書きした奴。結果、大体#3776の超極細は、マルチライナーの0.1と同じくらいの幅かなあ……プレピーのEFよりプレラのFの方がやっぱり細い。しゃばしゃば系インクの代表格(だと信じてる)ヴァーディグリース入れてる大橋堂がなにげにすごい。これに顔料インク入れたら色々捗りそうだけど何となく怖いので躊躇している。ドライアップとか大丈夫なのかなあ……実験してみるにはちょっと値段が高すぎるんだよねw

#3776のフローも一日おいてみて、それ程悪くないかな、と思い直した。吸い込みの強い紙だとちょっと目立つけど、トモエリバーとかつるつる系だと丁度いい感じ。それにしても、これで文字を書くといらいらするw めっちゃ太字の万年筆で書き殴りたい衝動に駆られる……



IMG_9619.JPG
センチュリーには手を出さない……と誓った舌の根も乾かぬうちに、#3776 シャルトルブルーが手元にあるっていうこの現象。なんと名付けたらいいんでしょうかね、沼ですか。

プレピーの極細(02)プレラの色彩逢い細字もまあまあ細くてよかったんだけど、やっぱりもうちょっと細いのがよかった。細かい所は裏書きでしのいでいたんだけど、流石にずっと裏で書いてるとかすれるし。でもカーボンインクは使いたい。大橋堂の極細に入れられれば理想的だけど、顔料インクを大橋堂に入れる決心がつかない……(以下言い訳エンドレス)

というわけで、つまりはスリップシール機構搭載のプラチナ万年筆を買えばいいんじゃね?! つまりは#3776じゃね?! 黒はモンブランとかとかぶるから、ここはブルゴーニュシャルトルブルーしかないんじゃね?!

とりあえず金ペン堂に在庫確認の電話をしたら、「プラチナ自体扱ってないんですよ」ってお返事が。マジか。プラチナ万年筆買ったことなかったから知らなかった。じゃあもう別にどこでもいいや、と思って世界堂の会員カードを握りしめて電話してみたら、超極細(UEF)のブルゴーニュは2本、シャルトルブルーは1本在庫があるという。世界堂本店の万年筆売り場の小ささは知ってたので、正直あるとは思ってなかった(すいません)

で、1階エレベーター下の売り場で「プラチナのセンチュリーのブルゴーニュとシャルトルブルーの超極細を見せてください」と言ったところ、まず出てきたのは試し書き用の黒軸。全ての字幅が揃ってて、「もちろんこちら(ブルゴーニュとシャルトルブルー)の試し書きもしていただけます」って言われた。一応、極細と超極細書き比べてみるかと思って手にしたけれども、裏書きで試してたら店員に「あ、逆です」って言われてなんかびっくりした。お、おう(万年筆の裏表知らない人は、メーカーと品名と字幅をピンポイントで指定しないと思うの……)
細い線を引きたいので裏書き試してるんですって言ったらなんに使うんですかと。やばいめっちゃ恥ずかしいwwwww 一応「さ、細密画とか……」って誤魔化しましたけど。コミュ障ここに極まれり。

ちなみに、超極細と極細の違いはよくわからんかった。そもそも試し書き用の万年筆、どっちもインクが乾きかけてて、スリップシール仕事しろと思いました。

そのあと、赤と青を試させてもらったんだけど、まず赤1本目がつけペン状態でほとんど書けない。2本めもあんまりよろしくない感じ。軸を見せてもらった時点ではほぼブルゴーニュにしようと決めていたのでこれは痛い。どーしよっかなと思って、青い方も書かせてもらったら、これはまあ普通に書けるし、紙に対する当たりも赤2本目よりは柔らかいような……ってことで青購入。

しかし、国産プラチナだからそれほどペン先に当たり外れもなかろうと思って油断した。2/3外れるなら、もっと店頭在庫の多い所に行けばよかったのか。まあこれも運だよね……万年筆は偶然の出会いと執念の探索と運だからね……世界堂は20%OFFのうえ、割引券も貰えるので満足です。貰った500円分くらいの割引券を持って上のフロアに行って早速買い物したのは言うまでもない。

IMG_9620.JPG
本当は赤が良かったなあ、と思ったけど、青軸の万年筆殆ど持ってないから怪我の功名というかまあよかった。やっぱりモンブランとかと比べちゃうとね、透明軸ってこともあってちゃち(ry でも光にかざすとやっぱりキレイ……とかニヤニヤしている。

IMG_9621.JPG
ペン先はプラチナなのでプラチナです。ペンポイントが小さくて薄い。大橋堂の極細は小さい丸い玉がついてる感じだけど、こっちは薄くて平べったい板状のものが先端にある感じ。

IMG_9643.JPG
また万年筆買ってきたのねこのクズ人間が。

IMG_9628.JPG
やはりペン先は大橋堂よりは大きめな模様。そしてプレラはペン先がくびれているがプレピーは寸胴だと今気づいた。

IMG_9629.JPG
センチュリー(超極細)と大橋堂(極細)の書き比べ。頭4行がセンチュリー、残りは大橋堂。インクはプラチナのカーボンインクとヴァーディグリーズなので条件がちょっとあれだけど、「超」と謳っているだけあって細いのはセンチュリーだった。

が、これはもしや、フローが渋いのでは……?

書き味はカリカリしている。引っかかりとかはないけど、大橋堂よりは細い分(そして多分インクの流量が違う分)滑りが悪い感じ。えーこれも微妙に外れかよ調整行かなくちゃいけないのかなあ、と思ってペン先をよく見たら、ハート穴とペン芯の溝が微妙にずれてるような気がしなくもなかったのでえいやっと押してみたら、「ぺきっ」って音がして(自己責任)、ちょっとだけフローが良くなった。なんかずれてたのかなあ。まだそれほど良くはないけど、チョー細い線が書きたいのならこのくらいでちょうどいいのかもしれないなあ。

IMG_9630.JPG
センチュリー(UEF)、大橋堂(極細)、プレピー(極細)、プレラ(F)で書いてみた。意外とプレピーの極細よりプレラの細字の方が線が細くてびっくりした。紙は満寿屋なので、結構シビアに出てると思う。ていうかプレラ、優秀だな……細いけどフローがいいので、ぬるぬる系で気持ちいいし。プレラはちょっと摩擦が高い? 高いって表現でいいの? まあ値段10倍だしね。今のところ毎日使ってたらインクが乾いて書けないってことはないから、気密性も優秀なのだろうなあ。これに比べるとセンチュリーのフローはやっぱり渋い気がしてくるな……

IMG_9634.JPG
ちなみに、満寿屋は座り心地もいいのか、広げていると猫が寄ってくる。わざわざ紙の上に座る。机に万年筆を放置しようものなら率先して蹴散らす、蹴落とす。ペントレー? ああ、諦めました。今は引き出しに隠しています。

@coacervate22が投稿した写真 -




満寿屋だとなんか薄いなと思っていたインクの色も、トモエリバーに書いたら真っ黒で安心しました。あと、裏書きはほとんどする必要が無いくらい細い線が引けた。いいなこれ。おいおい別の紙でも試してみよう。いい買い物をしました。




IMG_9044.JPG
ほら音結局こうなるわけだから、無駄な抵抗はするだけ無駄なんですよ。いくら障子を張り替えても猫は破るし、マニアは何かと理由を見つけ出しては新しい万年筆に手を出す……。

そういうわけで、折角だから廉価版万年筆と言えばあとはプレラかなと。色彩逢いにしたのは単純に綺麗だったから。プレラの細字・ライトグリーンだけど入れるインクはブラック一択なのだぜ。プレピーの300円とプレラの3000円だと一桁違うからどうかなと思ったけど、コンバータついてくるからお得かなって(自分を無理矢理納得させた理由のひとつ)

透明軸に黒インク入れると悲しいことになるよね……透明軸を生かし切れないって言うか……まあいいんだけど、キャップの内側の半透明な部品どうにかならんかったんか。せめて緑っぽくするとか。あっキャップ分解して可愛いマスキングテープ貼ったら可愛いんじゃね。分解できるかどうかは知らんけど。

IMG_9230.JPG
満寿屋の原稿用紙プレピーの極細(0.2)とプレラの細字(F)で書いてみた。インクはどちらもプラチナのカーボンインク。見たところ、それ程違いはないみたい。ただ、どちらも24時間くらい前に使っていたんだけど、プレラの方は書き出しがちょっと掠れた。まあプレラだしそれ程密閉性はないんだろうなと思ってたけど、これほどまでとは。毎日使わないとマジやばい雰囲気。プレピーは純正だけあって流石でしたが。

なんだか、プレピーの方は文字を書くとき変に力が入ってしまってちょっと疲れる。書き心地は、プレラの方が「万年筆使ってんなー」って感じ。あとは、絵を描くとき、細い線を書きたいときはペン先を裏返して使ってるんだけれども、裏側で書きやすいのはプレラの方。

しかしまあ、これでカーボンインク良かったら他の万年筆(大橋堂の極細とか)に入れてみようかなあ、と思ってたけど、この乾きやすさではとても無理。私のようなずぼらな人間にはとても扱いきれないですわ顔料インク。たとえインククリーナーがあってもだ。分解清掃できる、壊れても悔しくない万年筆でだけ使うことにしよう。コメントでプレピーのペン先をプレジールに移植するという裏技を教えて貰ったので、これでプレピーの軸が割れても怖くないし! ああ、軸と言えば、プレラはキャップに金属のリングが入ってるから割れにくくて良さそうね。



そして、趣味の文具箱(vol.40)ひっさしぶりに購入。インクチャートほしさです。ドクターヤンセンのドキュメントインク……しかし黒ならプラチナが断然コスパと入手性がいいんだよな……でもな……と、久し振りに楽しい悩みを抱え込むことになりました。マニアはこれだから(ry




PAGE TOP