IMG_5558.JPG
先日、仕事終わりに蔵前まででかけて、閉店間際のカキモリさんに駆け込んだわけです。狙いはノートではなく顔料インク。しかもインクスタンドではなくて普通に売ってる方のやつ。猫が早速検査に来ました。箱がお洒落でかっこいいです。

IMG_5559.JPG
購入したのは、ブルーブラック系のslumberとvoyage、グリーンブラック系のLichenes。地衣類? 苔色? ですかね翻訳すると。

今回は字を書くと言うよりも絵を描くために耐水性のあるインクが欲しかったのですが、顔料インクって微妙な色合いの色がないんですよね……セーラーのストーリアとか、原色! って感じのが多くて……なんか……黒ばっかり浸かってたんだけれども飽きてきた。ので、満を持して蔵前に。

IMG_5636.JPG
細い線を引きたかったのと、「インクが多くて万年筆が足りない」状態だったので慌ててPILOTのペン習字ペンとPLATINUMのデスクペンを買ってきた。危うくセンチュリー増やしちゃうところだったぜ……! 危ない危ない。#3776極細と超極細でもう三本も集まってきてるからね……次はもう、セルロイドに行くしかなかったからね……!(カラーバリエーション的な意味で)

しかしまあ、デスクペンは幼い頃に遊んでた記憶はあれど、ペン習字ペンは初めて買ってみたんだけど、これすげえな。400円程度なのにこの書き味とかすごくね? デスクペンは700円。デスクペンの方がペン先の引っかかりがなくて滑らかな書き味だけど線が太い。太いと言っても、製図ペンの0.2くらいの太さですから#3776超極細よりも細いです。

IMG_5645.JPG
持ってるペンの極細系で比較してみた。この中では大橋堂の極細がめっちゃ頑張ってる。大体PLATINUMのデスクペンと同じくらいの字幅になる。これでも文字がちょっと書きにくいほどには細いんだけどな……

ペン習字ペンは字を書こうとすると結構引っかかりがあってかりかりした感じ。ペン習字ってやったことないけど、自分の指先の動きがダイレクトにペン先に伝わる感じ? で、いいのかも知れない。まあ、字は書かないからね……申し訳ないけれども……

IMG_5646.JPG
顔料インクなので、書いた文字の上を水筆でなぞってみたよ。R&Kのヴァーディグリースは当然耐水性がないのでいっそ清々しいほど滲みまくりますけれども、その他の顔料インクさんは軒並み溶けもしない。

IMG_5561.JPG
これは付けペンで書いたんだけど、インク量が多い+乾燥が十分でない場合はちょっと滲むかなあ。でもまあ問題にならないレベル。あと、下書きをなぞった後消しゴムをかけると線が大分薄くなるけれども、これは練り消しを浸かって解決したし、そもそも文字を書くには関係ないことだから……


カキモリのインク、他にも綺麗な色があって買いに行きたい欲望がむくむくと。Soda GlassとかCommetとか綺麗な色だった……まあ万年筆足りないんですけどね(万年筆が買えないならデスクペンを買えば良いじゃない)(カクノのEFも出たじゃない)

これでまたしばらく遊べそうです(ニヤニヤ)



IMG_0929.JPG
同じプラチナのカーボンインクを入れたセンチュリーのブルゴーニュ《シャルトルブルー(使ってるのはカートリッジの方だけど。

結局、ローラー&クライナーのドキュメントインク(ブラック)から入れ替えた所、1画目にインクが出ないという症状も改善し、むしろぬるぬる出るようになって、え、これってUEF……だよ……ね……? みたいな感じになった。プラチナのカーボンインクに比べて、R&Kはフローが渋めということなのか。同じシリーズのブラウンはそんなことないのになあ。ちなみにこのブラウンは赤味があんまりなくて、黄緑寄りで私の好きなタイプのセピアなのでお気に入りです。

こうなってくると、なんで同じ字幅で同じ万年筆を2本買ったのかわからなくなる。むしろこの字幅ならEFとかでも良かったんじゃないか……とか色々考えるのだけれども、これは素人自己調整の弊害というか、まあなるべくしてなったんだからいいとして、これ、文字を書くにはとても気持ちのいい細字ペンになりましたよ(負け惜しみ)? もっと細い線が引きたくて超極細を買ったんだけど、まあ、大分線が太って当初の目的とはかけ離れてしまいましたけれども……

ちなみに、この2本、字幅はほぼ一緒だけど書き味は違う。ブルゴーニュのほうがカリカリで、シャルトルブルーはヌルヌルしてる。それは多分……インク溝を掘りすぎたせいで……でもイリジウムの大きさが違うわけでもなし、プラチナのUEFの変態的な細さって、やっぱりインクフローを絞り気味にすることである程度実現されているのかもしれない。これはたしかに私には向いてないわwwwつゆだく好きだものwww
けれども、現状、実は大変満足しております。筆圧を調整してなんとなく細い線が引けるようにもなってきたし、文字を書くのにはいい感じのフローだし。ほかの万年筆にはないカリカリした感じも変化があって面白い。極細線が引きたい時はマルチライナーとかつけペンとか使うんだけど、書き味がぜんぜん違うから結局万年筆に戻ってくる感じ。

今回はやってよかったと思うけど、もう二度とやらないぞ(決意)




 


昨日、豊岡クラフトのペントレイをニヤニヤしながら眺めてたら気がついたんだけど、2016年の限定サファリが紫(ライラック)で、限定含めると6色全部揃ったのになんでLAMYはおそ松さんとコラボしないの?

IMG_0891.JPG
ちなみにうちにはこれしかなかったw (最近のほぼ日手帳は、猫のうんこの状態を記録するノートと化しています)(書き込むべき予定が皆無なので落書き帳として活躍中)(だったらもういっそ普通のノートでいんじゃね、と思い始めた今日このごろです)

セーラーが文豪ストレイドッグスのコラボ万年筆出したし、プラチナも出雲シリーズで刀剣乱舞(ry まあ文豪ストレイドッグスは太宰治だけじゃなくて他も全員文豪じゃねえのかよって突っ込みたいけどそもそもあれは文豪本人じゃなくて文豪を擬人化している(らしい)ので誰一人小説書いてなくてもセーフなんじゃないかとか人間を擬人化ってどういう事だよ猫に猫耳つけるようなもんかよとか色々思うところはあるけれどもモンブランはそろそろ作家シリーズでラヴクラフトを出したらいい。ペン先はヨグ=ソトースで(多分蛸足系の触手)! ボディは黒地に赤いラインがいいです(輝くトラペゾヘドロン的な意味で。箱はもちろん金属な!)(ホワイトスターが五芒星になってたら多分買う)ちなみに刀剣乱舞のことはハマっている姪っ子に聞いただけなので詳しいことは何も知らないのですまんな。



……6色セット18,000円くらいならほしいかもよ? ただボディにイラストなどを入れるのはやめていただきたい。バレるので。箱とかにひっそりシルエットとかで入れてくれたらそれでいいです。箱もとっておきますから。シャー芯出すなら万年筆出してもいいでしょ!

まあでも、LAMYは一応ドイツだから無理だろうとも思うので、いっそプレラの色彩逢いとかで出さねえかな。インナーキャップにシルエットでも印刷して……と思ったら、紫以外は普通にあるな……まあ、赤・青・緑・紫・黄・ピンクって、やりだしたら戦隊モノとかなんでもコラボできる色だもんね。時期的には、やるならタイミング的には去年だったと思うけど……。でもやっぱサファリがいいなあ。特別書き味が好きとかそういうのはないけど(鉛筆っぽくてあれはあれで好き)並べておきたい色と形してるんだよな。文房具屋行くとつい見ちゃう。色が違うだけで全部同じだってことはわかってるんだけど(と、シャルトルブルーとブルゴーニュを見比べながら)



PAGE TOP