今はMIDORIのMDノート(コットン紙)のA5使ってるんだけど、ノートって別に毎回同じの使わなくてもよくない? サイズとかも適当でよくない? と気付いてしまったので久々に面白そうなノートがあったらとりあえず買ってみることにした。

あ、MDコットン、万年筆インクの発色が凄く綺麗で、シャリシャリした書き心地がとても気持ちがよいです。普通のクリーム色の方より好きかも。R&Kのヴァーディグリースで裏抜けしないし(貴重)

IMG_9175.JPG
まずはLOFTで見つけたクロススパインノートブック(CLOTH SPINE NOTEBOOK)
本体の帯には「クロススピンノート」って書いてあるけどそれで検索してもヒットしにくいのでご注意)

サイズはA6とA5があって、カラーは赤、青、黒、グレーの4色展開だけど中の紙は5mm方眼一択。無地がよかったな……でも罫線は薄いグレーで邪魔にはならないので安心です。それにこれフールス紙なんですよ。タイトル通りですけど。

製本方法がドイツ装というやつで、180度ぱたんと開く(フルフラットっていうと何かかっこいい)ってのを売りにしている辺り、ターゲットをノートマニアに絞ってきてるな……という印象。ええ、まんまと食いつきましたね。そりゃあ食いつくよ。無地だったら理想的だったけど方眼も嫌いじゃないし。

IMG_9177.JPG
見返しの赤が綺麗……しっとりと吸い付くような赤に一目惚れ。なんか小物はつい赤を買ってしまうな……闘牛と同じ要領でテンションが上がるからだろうか……

IMG_9176.JPG
180度開く。背中の所は布でくるんであるんですが、そのおかげでど真ん中辺りのページでも手を添えなくてもぱたんと開くし、帯に「耐久性に優れた手作りのフルフラットオープンノート」って書いてあるのできっと背割れとかしないんだよ……割れる素材が含まれていないから……

ぺらぺら捲って色々いじってみた限り、結構頑丈そうな印象を受けた。表示は厚手のボール紙? で、これも使ってるうちに痛みはするけど破れたりとかはなさそう。これ、スタンプとかシールとか貼ったら映えそうじゃない……? と目論んでいる(ヒグチユウコのシール・ボックスをチラ見しながら)

IMG_9174.JPG
安定のフールス紙(ヴァーディグリーズで裏抜け)
フールス紙は書き心地とかは好きなんだけど、兎に角吸水性がよすぎてインクの色もMDノート(コットン紙)に比べて暗くなりがち。線も太めに出る。ヴァーディグリースだとちょっと裏抜けするし。でも好き。裏抜けとか最早気にならないレベルで好き。


IMG_9179.JPG
こちらは確か東急ハンズで見つけたKUNISAWA のファインド ハードノート。A5サイズ。ハードと言っても表紙はちょっと薄手で柔らかめ。ハンズでサンプル品触ってたら、どうも使ってるうちに表紙が反り返ってくる気配がしていた。それもまた味でしょうが。

兎に角箔押しの鳥が可愛い。小口も金で高級感ある。表紙はざらざらした感じで触り心地がとてもよい。これはあれですよね、ビジネスシーンでの使用を想定しているラインナップですよね。男性とか持っててもあらちょっとかっこいい、みたいな。そしてさりげなく鳥好きもアピールできるという。しかし会議のメモなんかごりごりとるの勿体ないくらいのクオリティだなあ。最近会議にはずっとクロッキー帳持って行ってる。筆記面広いし安いしいらっとしたら破り捨てられるし(捨ててはいけません)

IMG_9181.JPG
開きはよろしい。前述のノートに比べたら製本方法の差でちょっと硬いかなあと思うけどその分丈夫そう。背割れとかしないよきっと。

IMG_9180.JPG
安定のフールス紙。ていうかこれ、クロススパインノートブックと同じ紙じゃねえのかなあ……5mm方眼だしさあ……よく見たらちょっと色が違うような気がしないでもないが、素人には分からないレベルなので私には分からない。


ちょっと前まで、使い終わったノートは本棚に並べて、その時に揃ってたら美しいとか思ってたけど、別にあんまり読み返さないし(一人ブレストに使用)保存できれば何だっていいじゃん、と言うことに気付き、サイズも罫線もシリーズもあんまりこだわらなくなった。まあハードカバーでフルフラットオープンで万年筆で気持ちよく書ければそれで……そしたらなんか選択肢が広がって今とても楽しい。モノにこだわりすぎて結果的に自分の首を絞めているようではまだまだですね……






IMG_8974.JPG
DELTAのソラリスと言えばかれこれ10年前くらいに主人にプレゼントして貰い、そこから私の万年筆遍歴が始まったという思い出深い最初の一本なんだけど、これがヨーロッパタイプのカートリッジ、しかもショートタイプしか使えないというちょっと難しいやつで、今まではエルバンのナイトブルーを使ってた。これは綺麗な色で気に入ってるんだけど、カートリッジの個体差があるらしく、たまに軸内部で引っかかる事があって、最悪缶の中身1/3使えないとか笑えない状況に陥ることがよくあった。カートリッジの尻の部分をカッターで削ったりとかしてた。めんどい。非常にめんどい。

IMG_8976.JPG
そして、何とかならんかと色々調べていたら、KAWECOのスポーツのコンバーターだったら使えるんじゃないかしら、いやきっと使ってる人がいるに違いない。だってインク沼は深くそして深いはずだから……

そんで更に調べてみたら、スクリュー式のコンバーターは小さいけど、インクをいっぱいに吸い上げた時には尻部分のスクリュー? 螺子? 部分が延びて5cmくらいになるそうで、あーこりゃだめだ、ちょっとソラリスに長さが足りないか……と諦めかけたその時に、amazonでプッシュ式のやつを発見したわけです。

IMG_9203.JPG
ちなみにKAWECOの万年筆は持ってないし、カヴェコって読むって知ったのもつい最近。つけペン軸にしたくて3.2mmの芯ホルダー5.6mmのペンシルを買ったから。これほんと、最初は短すぎるかなと思ったんだけど手のひらにちょうどよくて素敵。

IMG_8977.JPG
早速ソラリスにセットしてインクを吸引してみたところがこちら。ゴム管全然インク吸わねえ……! 手が真っ黒になってしまったので結局シリンジで入れましたけど。こんなことならカートリッジの方が楽だった、とは思うけど、コンバータは軸を嵌めるときに全く引っかからないので安心です。

IMG_8978.JPG
LAMYのペトロール入れてみたけど、結局この後フローが渋くなったので、皆大好きR&Kのヴァーディグリース入れ直した。最近このインクしか使ってない。しかしそれでも途中でインクが出なくなってしまうので、よくよく見たらペン芯とペン先がちょっと離れてた。軽く引っ張ったらペン芯ごと抜けてしまって私涙目。何か緩くなってたのかなあ。何度も入院したからなあ。もう10年以上使ってるしな……と、感慨深く思いながらもそっとペン先をセットして元に戻したら、何か急にフローがよくなった。ペン芯とインクの馴染みが悪かったのかも知れない。今はヴァーティグリースで様子を見ている状態。ナイトブルーの時もたまにあったから、もうこれはこのソラリスの性質なのかも分からん。あんまり性能の良さそうなペン芯でもないしな……

とにかくこれで、一番のお気に入りであるところのソラリスのインクが選べるようになって大満足です。何故10年も大人しくカートリッジ使い続けてたのかよくわからんけど、エルバンのナイトブルーが綺麗な色過ぎて変える必要も感じなかったんだよね……サイズさえ合えばね……

ソラリスにはぴったりはまったけど、他の欧州規格のショートタイプカートリッジ専用万年筆に合うかどうかは知らん。しかもショートタイプと同じ長さと言うことで、マックスまで吸入できてなかったとは言え、A5サイズのノート5ページくらい書いたらインク切れた。不便っちゃ不便だけど、まあ諸々満足です。暫くこれで使ってみる。



IMG_7097.JPG
すぐ人様に影響される……インスタで拝見してかっこよかったので早速買ってしまったマルマンのGlyphy

ハードカバーで、サイズはB6変形(正方形に近い)とA6変形。私の好きな糸かがり綴じじゃないけど、真ん中辺りのページでもまあまあ筆記に問題ないくらいには開く。

IMG_7096.JPG
紙は全部で4種類あって、私が買ったのはアンチークレイド紙という、高級クロッキー用紙のやつ。他にも横罫線と方眼、画用紙があったけど、そもそも滑らかな紙って好きじゃないし、画用紙って……もしかしてマルマンの例の黄色と黒の奴と同じのじゃないの……と思ってクロッキー用紙にした。

紙はとても黄色く、レイド入りで確かに高級感ある。そして、裏表で感触が全然違う。ノートを開いたときに向かって左側(裏)がつるつるで、右側(面)がざらざら。つるつる側は鉛筆以外は全て滲むんじゃないかってくらいの滲みっぷり。いっそ清々しいほど。でも不思議と、ヴァーディグリースですら裏抜けしない。
逆に右側はインクの滲みはそれ程でもないけど、結構裏抜けする。その辺の理屈がよく分からないけど、兎に角、万年筆で普通にノートとして使おうと思ったら絶対これは選ばないw

IMG_7099.JPG
裏抜け(右側)まあ気になるほどではない。だってクロッキー用紙だもん。クロッキー用紙ってこういうものだもの。

IMG_7118.JPG
一番好きな猫漫画は伊藤潤二先生の「よん&むー」ですぞ、と言うことで模写を。確かに鉛筆で書くとざらざらしてて楽しいわね……そう言う用途で作られたノートなのだもの。

まあ、こうやって鉛筆で落書きするにはちょっと値段高いかな。かといって万年筆で使えるノートの代わりにするには滲みがすごいのと、右側ページのざらざら感でペンポイントがごりごり削られていくような気がして怖い……他の紙とかだったらいいのかな。画用紙は画用紙だしなあ。ノートの隅っこに、『ボールペンや万年筆をご使用の場合、インクがにじむ場合があります』ってちゃんと書いてあるし。親切……

でも、このサイズ感がとてもいい。最近B6っていいよね……とか思ってる。あれほどA5サイズのノートにこだわってたのに、好みって変わるものだなあ。
ちなみに、A5サイズで180度ぱたんと開いて、ハードカバーで、万年筆でも滲まなくて裏抜けもしないっていうすごいノートと言えば、キャンソンのアートブック180°(マグネット式)とアートブック UNIVERSAL(ゴムバンド)デスヨネ。スケッチ用紙なので無地しかないけど、意外とノートジプシーの方々におかれましてはノーマークに近かったんじゃないでしょうか。いや、私が知らなかっただけか……とにかくこれ、滲み裏抜け開きの面では結構理想的な感じじゃないのかな……紙はざらざらしてるけど……モレスキンライク? 的な? 雑に扱ってるけど、背割れもしないし(180度の方に至っては和綴じノートみたいに割れる背がない)高級感はないけど、気がついたらもう何冊か使ってた。文字を書く用途じゃないかも知れないけど最近のお気に入りです。

文字だったら、MDコットンのノートが最近のマイブームだもん……


 






PAGE TOP