京の音インク(濡羽色、青鈍)と前後して買ったのがこの呉竹と三田三昭堂が共同開発した墨インク、「龍脳」でした。墨を水性染料で再現した、と言うのでこれもアルコールマーカーに滅法で滲まないだろう、と思って。結果全く滲まない。

IMG_3194.JPG
余計なもんが写ってますが。カメラを構えると何処からともなくやって来る。画角に入らないと満足できないらしい。今もキーボードと手の間に一匹、キーボードと画面の間に一匹ねじ込んできてる奴らがいるからね……

IMG_3199.JPG
プラチナの#3776超極細に入れてしまったために濃淡とか分かんない。しかし色味はこれでもかという黒で、光に当てるとちょっとぎらぎらするくらい。漆黒、とでも言えばいいんでしょうかね。墨なのに漆。

IMG_3198.JPG
エラボーの極細にも入れてみたんだけど、粘度が高めらしくつまり気味になったので洗ってしまった。センチュリーの方は別に渋ったりしないので、純粋にエラボーの方の問題なのかも知れない。青のエラボーにはしゃばしゃば系のインクが相性いいようなので今、京の音濡羽色を入れている。
IMG_3203.JPG
画角に入りこんでドヤァ……どうやら匂いが気になる様子。墨の匂いを再現したインクだけあって、ペン先に鼻を近付けると、すりたての墨のいい匂いがします。書いてすぐ封をしたら手紙を受け取った相手にも墨の香りを届けられるそうですが残念ながら手紙を書く相手などいないのでちまちま画用紙に向かって線を引いています。

このボトル、ボトルだけでも売ってる。しかも真鍮製のボトルキャップも売ってる。意外とインク瓶だけの販売ってないんだよな……使い切ったインク瓶とか洗って取ってあるけど、以外と使い道もないしな……でもこのボトルはちょっとかっこよくて好き。

もう万年筆も打ち止めかな……と思ってたら、地味にどんどん増えてく。万年筆沼とインク沼怖い。


あと今気付いたけど「装填」って漢字間違ってんな……まあいいか……



IMG_3127.JPG
いつぞやこのブログのコメント欄で教えていただいた文具店TAGさんの京の音インクシリーズの濡羽色青鈍を買ってみましたよ。

ちなみにTAGさんのwebショップはこちら秘色も欲しかったな限定でもう品切れだけど……。

IMG_3129.JPG
青味のある黒インクが欲しくて色々探してて、最終的に辿り着いたのがこの濡羽色とウォーターマンのブラックであった。うちにあるウォーターマンの黒インクは正直もう何年ものか分からないし、モデルチェンジで色味が変わってたらショックだけれども、少なくとも昔のブラックは青味があって好きだった。

実際書いてみると、色味もよく似ている気がする。特にインクが少なめなところにブルーブラック風味が出てくるところとか。いや写真じゃよく分からないですけど。モンブランのミステリーブラックが赤系の黒だとすると、濡羽色とウォーターマンは青系の黒ですね。

IMG_3126.JPG
キャップ裏についたインクが青みがかっているのがおわかり頂けるだろうか。書いてみるとやっぱり黒なんだけどよく見ると青のニュアンスがある、雰囲気のよろしいインクだと思います。

IMG_3132.JPG
マクロレンズで。こうしてみると黒いな。所々光ってますが、多分デスクライトのせいで普通にノートに書いた文字がぎらぎらするほどではなかった。

IMG_3130.JPG
こちらは青鈍。なんかカキモリのslumberに似てるなあと思った。slumberの方は結構煮詰まってるから濃いけれども吸入したばかりの時は結構近い色をしているように思われる。と言うことは青鈍も煮詰まったらいい感じになるのかなあ。付けペンでこの色だとちょっと薄い気がするんだよなあ。でも綺麗な色だなあ。

IMG_3131.JPG
マクロ。レンズの影になってるので暗いですね。iphone用のマクロレンズ買ったから使ってみたかっただけなんですよ。面白いけどあんまり使い道なくて……。

IMG_3133.JPG
そして現在、我が家には何故かエラボー極細が二本もあるわけです。文字を書くんじゃなくて絵を描く目的で……いや、あの、最近気がついたんですけど、プラチナのカーボンインクって、コピック系のアルコールマーカーで塗ると微妙に溶けるんですよ。ちょっとだけ。水だと全然滲まないのに。逆に、多くの万年筆用インクに観られる水性染料インクだと、水には弱いけどアルコールマーカーに滅法強い。




で、まあ、プラチナのカーボンインクと水性染料インクを二刀流するためにエラボーをもう一本導入したわけです。持ってる万年筆使えばいいじゃん、と思うのだけど、正直、大橋堂やモンブランや中屋の万年筆をあんな乱暴に扱うことは出来ない……っ! いやエラボーならいいって訳じゃないけど、筆圧で線幅変えれるって公式がいってるからいいかな別に……と思って……

しかし同じ極細でも比べてみると大分字幅が変わります。二本目の方が大分細い。これは伊東屋で「一番細い線の引けるのを下さい」とお願いして出して貰った奴だから当たり前なんだけど。フローは絞り気味で、ペンポイントもちょっと小さいかなあ? それでも筆圧によっては結構な線が引けるので重宝しています。紙の繊維が削れてペン先に詰まるからあんまりやりたくないけど。

まあ、単純に、沼に沈む言い訳が欲しかっただけなんでしょうけどね……



ちょっとこれはスルーできなかった。だって青いし……!

結構前に金ペン堂で予約して、SMSでメッセージを貰った昨日の今日で、昼休みに電車で神保町までカモがネギ背負ってのこのこ出かけていきました。

IMG_9077.JPG
こいつ……意外と暗いぞ……?

宣材写真とは大分違う、暗く、落ち着いた色味。金ペン堂には何本か名札付のオーシャンスワールがあったんだけれども、多分全部模様が違う。気になる人は現物を見比べて気に入った模様を選んだ方がいい。今回は予約なので選ぶ余地はないな……と思っていたのですけれども。

IMG_9080.JPG
字幅はFで、とお願いしていたんだけれども、試し書きさせて貰ったら意外と太い。最近使ってるノートがOKフールスで結構線が太めに出るし裏抜けが酷いんですよね、と言う話をしたら、ペン先変えることも出来ますよ、とのことでEFも見せてもらえましたラッキー。

IMG_9086.JPG
試し書き用のM800で書かせてもらって、こっちの方がいいなあと思っていたら、奥からオーシャンスワールのEFを出していただけて、書いてみたらこれが大分細め。帰宅して確かめた所、中屋の中軟と同じくらいの字幅だった。こんなに細いのは珍しいわねとわいわい話して、結局Fは止めてEFの方をお買い上げさせて貰いました。なんだろう、名札ついてなかったけどキャンセルとか予備だったのかなあ。何にせよ早めに行って良かった。

Fでも良かったんだけれども、最近は何か細字がまたブームだし、M800はF(バーントオレンジ)とM(緑縞)、もう持ってたし……丁度良かった気がする。

IMG_9082.JPG
光の加減で見え方が結構違う。全体的に暗いのでも明るいのでもなくて、半分暗くて半分明るい。ランダムな縞模様なのでくるくる回すと面白いです。ええ、想像よりも暗めだったし、現物を先に見てたら予約なんかしなかったかも知れないけどね……!

でもまあ、負け惜しみじゃないけど、地味派手でいい感じ。書き味に関しては、そもそもEFだからペンポイントが手に合わないとかないし、金ペン堂だからフローが悪いとか初期不良があるわけもなし。大変いい感じの極細感……これで使い込んで手に馴染んだらいい具合になるんだろうな……という予感のする万年筆。まあ軸の色が違うだけでスーベレーンですものね。

IMG_9093.JPG
初めて金ペン堂を訪れたのは2007年1月のことだった。それからほぼ10年……よくこれだけ貢いだもんですよ。カモネギだよ。しかもこれだけあってまだ一度もトラブルに見舞われたことないので一度もメンテナンスをお願いしたことがありません。それはそれでどうかと思うけど、ほんとに問題ないんだもの。

あっでも同じインクをずっと使い続けてくださいってのは無理です。守れません。守れませんでした。ペリカンのタンザナイトを選んで入れて貰ったんだけどもう洗っちゃいました。てへぺろ。どうしても我慢できなかった。あんまり変えない様にするのでお許しください。裏抜けが酷いのはほとんど例のインクの所為なんですけどね……



PAGE TOP